FC2ブログ

ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

骨董市いってきた

 昨日28日のことなのですが、川越成田不動尊の骨董市に行ってまいりました

 毎月28日の開催なので平日に開催が多いのですが、土曜日だったこともあり川越民の友人(イベント手伝ってもらってます)と2人で廻りました。
 GW初日で天気も良かったのでかなりにぎわってました。以前は始発出勤でしたが最近は午前9:30到着、重役出勤ですね…冬を惜しむよう?厚手の着物で(結城縮の着物、同じく結城縮の袴、御召しの羽織)ちょっと暑かったです。5月も後半になると先走って単衣の着物を着るのですが(厳密にはNG)そんな陽気でしたね。
 僕はイベント前でお金をあまり遣いたくなかったので何も買いませんでしたが、連れはなかなか面白いものを買っていました~というか半分私が買わせたのかも(焦)

 彼の釣果は

 黒のオーストリッチの煙草容れ:中身だけ取り出して容れるタイプではなく箱をそのままいれるタイプのもの。結構しっかりした造りでかっこいいのですが、オーストリッチなので下手すると頭の悪いホストになりそうですが素敵。

 フランス製パイプ:ブライヤー(地中海原産の灌木の根っこ。パイプの材料としては最もポピュラー)に綿ジャガード織の布を巻き、縫い目を皮で留めているというかなり変わった造りのパイプでした。皮だけで覆っている(キッドや鹿等のバックスキンやセーム皮、牛や蛇皮もの)は割と見かけるのですが、布で覆っているのは初めてみました。ちょっとキッチュな印象もありますが、遊び心を感じるというか凄くおしゃれな一品でした。

 角帯:男物の着物に締める帯です。もちろん正絹。戦前の西陣あたりのジャガード織だと思うのですが、薄手に織りあげたものを半分に折ってつかう綴れ帯タイプ。

 本当は写真も撮らせてもらいたかったのですが、カメラ(とmp3プレイヤー)として使っているスマートフォンのバッテリーが切れてて撮れませんでした。多少画像が悪くても携帯で撮らせてもらえば良かった…
                     
 川越って小江戸とか呼ばれるように古い街並みが残っている観光地なので、「和服で川越を歩こう」みたいな観光客も多かったなあ…男性の着物姿って自分以外にはリアルではあまり見ないので新鮮と言えるかも~銀座あたりじゃなければコミケが一番人口が多い?
 ただ普段着が羽織袴の人間から言わせてもらうと、“おしゃれしたい気持ちは分かるけど、ちょっとやりすぎ”みたいな方が多いのが残念ですね。男ものの生地って女性ものと比べてはるかに地味だしどこかでおしゃれを演出したい気持ちは分かるのですが、半襟や羽織紐、足袋まで派手すぎるのはいかがなものかと…洋服でも同じことがいえるのですが、一部分だけ目立ってしまうのは野暮だと思うので…女の子なら“可愛い”ですむのですがね
 
 たとえば江戸風の粋(“いき”の方。私はあまり好きじゃない)ってわずかに意識的な不調和を演出して楽しむものかと思います。茶道の“欠けている美”とか日本人好きですよね。
 ただ意識的な不調和以外は厳格なルールが存在するので、しっかりと着付けやTPOを覚えてから自分なりの好み(着方や仕立て)をみつけてから所作を学ばないと、ただ着物に“着られている”ように見えて格好悪いのです。男ものの着付けって女ものと比べてシンプルですがなおさら難しいといえるかも
 あと所作の美しさ"っておしゃれの究極だと思うので自分もまだまだ学ばなくちゃ~ 
 自分も昔は階段の登り方とか座り方、下駄の減らし方(均一に下駄の歯を減らしていくアスファルトじゃ割れていきますが)なんか気にしてたなあ…好みはアンティークから現代ものまで一通り見て、古着は寸法直ししたり、反物から仕立てたりして覚えました。

 自分でも先輩風うざいのでこのあたりで



 骨董市を一回りした後は名曲喫茶でしばらくお茶してからアニメイトに寄りました。

 漫画立ち読みして「コイツのネーム描きなってねえ」「アシ時代ついてたやつ分かる」「甘い生活はヤンエグの教科書」だの訳の分からんこと云いあいながら(営業妨害w)一応新刊チェック。
 娘太丸先生がkiraraで描いててびっくり、新刊買っとけば良かった~

 帰ってから日日日の小説読み返したのですが、私好みというかやっぱり面白かった~
のばらセックス (講談社BOX)のばらセックス (講談社BOX)
(2011/11/02)
日日日

商品詳細を見る

 講談社BOXなのでラノベになるかどうか分かりませんが…
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/04/30(月) 00:26:57|
  2. 着物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラモ造りたい… | ホーム | 嘆きの聖母>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chambremielee.blog.fc2.com/tb.php/93-dc89bb4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)