FC2ブログ

ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

悪徳原型師かしら…


先々週の日曜日から造り始めている金糸雀ですが、ある程度パーツもそろい、一通りのディテールも入れたので一旦作業を切り上げます。
それともう1体炉キャラを造っていましたが、2月WF終了後に作業再開になりそう・・・

顔の表情はまだまだです。
少し物憂げな表情を狙いたいのですが、これではただの無表情ですね。

ビスクドールにjumeau triste(ジュモートリステ、別名ロングフェース。日本ではなぜかtristeをトリステと発音)という名品があるのですが、
アンティークなアーティファクトwの持つ、ある種達観しているような、しかもはかなげな表情を再現出来たら~と思っています。

それにいつもより大きめに造っているので、曲線のつながりも一層シビアにならなくては。

前髪の処理ですが、原作・新アニメを見る限り少し違いがあるようです。
俗に云う七三わけですが、旧アニメ版では少し寝ていました。
分け目から生えているアホ毛も省略。
もみあげの跳ねっ毛もカールは省略された普通のアホ毛型?ですね。
下手やるとヅラっぽくなるので髪の毛のディテール等丁寧に攻めていきたいです。

薔薇…
以前原型で大量に薔薇を造ったことがあるのですが、その時の造り方は完全に忘れていましたorz
仕方ないからピンセット&スパチュラで適当に造りました。
15分の作業です(キリッ)

尚フリル等もピンセット&スパチュラで造っています。

ピンセットは先の細いタイプではなく、デカールやエッチングパーツ用の少し幅広のものです。

フリルをつけたいところに細く伸ばしたスカルピーを盛って。

適当にピンセットでつまみながら襞を造っていきます。
襞の幅によって何種類かピンセットを持ち変えます。
お気に入り(というかもっとも使用頻度の高い)ピンセットが見つからずいい加減なディテーリングになってしまいましたorz

襞がおおよそ出来たらスパチュラで整えます。

余分な箇所はナイフでカット。

最後に軽くエナメルシンナーでならしてから焼きます。
袖のディテールも旧アニメと原作・新シリーズアニメでは異なっています。

悩ましいのは上着のそでの下のディテール。
参考になるかと急遽購入したPVCだと上着の袖の下にブラウスっぽいパフスリーブがあるのです↓

原作バーズ版を見るとひとコマ金糸雀のお着替えシーンが…

どうやらジャンパースカート?ぽいのを着ているみたいなのです。
そこから原型師の方は(八海氏)推理して造ったみたいです。

拙作は少し大きめなので造った方がいいかも。
手首に球体関節っぽいディテールをもうけるのもありなので少し思案中です。

ヴァイオリン。
偉そうなことを云っていましたが、本申請にダミーを持たせたまま提出します。
一般的なスタイルだとヴァイオリンの胴に顎当てを装着して下顎と左肩ではさむようにして楽器を固定しますが、
カナには似合わなそうなので、バロック時代のような自然な持ち方にします。
顎当て付けているけどどうなの?と突っ込まれそうですが、
顎当ての位置なんて時代によって変化していますし(発明された当初はテールピースの上につけていました)
古楽だと楽器の右側に顎を付けていることも多いのでよいかと。

ヴァイオリンはオーソドックスにプラ板+ポリパテで造り直した方が良さそうです。
弦の張り方とか面倒そうなので、工作法を色々考えなくちゃ…
駒はきっちり造るけど、魂柱は省略してもいいですよね。

右腕の角度がまだおかしいです。
これでは演奏できないですね。
12月有明TFが終わった辺りに直しますww

今回の眼目は…ドールっぽくでした。
正直申しますと、テンプレな美少女造形の方が目を引きやすいのですが、そういう表現は敢えて自重、
地味なポージングでどれだけ詰め込めるかがテーマなのです。
顔の表情、衣装の素材感、フリルの表現…今の状態ではとても勝ち目がないのでガチに攻めていきたいものです。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/09/19(木) 23:57:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜々のカラーレシピ | ホーム | トレジャーフェスタin有明10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chambremielee.blog.fc2.com/tb.php/227-d5ed0022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)