FC2ブログ

ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

スノブな話


親の会社の上司にシャンベルタン(グリオット・シャン・ベルタンの1999)他高級ワインをもらったので、話のネタにと、チーズを買いに行きました。食後にシャンベルタンを飲みながらラミ・ドュ・シャンベルタン(シャンベルタンの友という意味のウォッシュタイプ)ををほおばり、フランス皇帝のごとく「ジョゼフィーヌよ、今晩は勘弁してくれ」と言ってみたかったので…
 ところでナポレオンが先妻の×××の匂いと間違えたチーズって何なのでしょう?「ラミ・デュ・シャンベルタン」ってナポレオンの時分よりずいぶん後にできたチーズだと思うのですが。どなたかご存知の方はご教示くださいまし。

 こ熱い中専門店に行っても「ラミ」はおろか他のエポワスもありませんでした。ウォッシュタイプ(ラミは表面をマール・ブランデーで洗っているらしいです)ってかなり強烈な匂いがするから売りにくいのはわかりますが(高いし)こってりしててクセのあるチーズって日本ではまだまだむずかしいのでしょうね。急に暑くなったし。買ってきても家の者が嫌がりそうだし。僕も以前はロックフォールみたいな塩気・旨味過多なやつとか相当やば目なウォッシュでもいけましたが、最近は体質が変わったせいかフレッシュタイプ(水牛のモッツァレラやリコッタ、シェーブルの軽いやつ)やブルーでもゴルゴンツォーラ・ドルチェみたいな穏やかなタイプが多いです。親はミモレットが好きなのでよく買ってくるなあ…他のおろすやつだとパルミジャーノやペコリーノか~もちろんチーズってかなり高価な食材なのでそうそう買えませんが。結局今日は無難にブリを少しだけ購入。

 親の上司からもらったのは赤が1本(シャンベルタン・ブルゴーニュ)とシャンパンが4本でした。熱くなってくるとフルボディの赤なんかはきつくなってきますね。ボルドーならまだしもブルゴーニュは
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2011/06/23(木) 01:54:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<成田山骨董市 | ホーム | 臥せっていました>>

コメント

後日グリオット・シャンベルタン飲みました。‘グリオット’というだけあって、桜桃(サワーチェリーの缶詰)のような酸味が特徴ですね。悪い言い方をするとブルゴーニュって単純に甘味が強いからかジュースみたいに言われますが、その典型かも…
  1. 2011/07/03(日) 01:41:16 |
  2. URL |
  3. chambremielee #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chambremielee.blog.fc2.com/tb.php/20-c6bcbd45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)