FC2ブログ

ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

ささみさん@ぬってみる(塗装・フレッシュ編)

 ささみさんの塗装を紹介します。
 展示品を造っていた時の画像はありませんが、しばらくしてもう1体造るので少々お待ち下さい。

 塗装前にパーツに持ち手を着けられるよう接合やダボにピンバイズで穴を開けます。
 爪楊枝を使う場合だとΦ1~1・2mmくらいがいいみたいです。
 重いパーツ(ささみさんだと引き戸)はΦ1・5mmで開けて竹ひごを通しました。


 サフレス塗装する場合メタルプライマーを吹きます。
「ささみさん」のキットだと顔・両手・両足ですね。
 通常塗装ならホワイトサフを使います。

 ここではサフレス塗装の説明をします。
自分はよっぽどキャストの色が濃い場合を除くとほとんどサフレス仕上げです。
 
 サフレスだと通常塗装より少し艶めかしい仕上がりになります。
クリアーを重ね吹きするのでデジ絵を再現するには向いているのかもしれませんね。
自分の場合は通常塗装より簡単…という理由だけで覚えましたww
もちろん艶めかしい肌色が好きなんですが。
RCベルグさんのアイボリーを使っているのも、いくつかキャストを試して一番サフレスに向いていると思ったからです。
 

 古典的ですがクレオスの瓶入りメタルプライマーを使っています。
 ガイアノーツやフィニッシャーズの製品の方が塗膜ははがれにくくなるそうですが、乾燥が遅くべたべたしているので白目のマスキングまで時間がかかるのです。
もちろんエッチングやホワイトメタルの下地用の製品なので欠陥ではないのですが、レジンパーツに吹くのには向いていないのかも…
アサヒペンの缶入りプライマーも評判はいいのですが、試していません。

メタルプライマーは希釈せず原液のままエアブラシで吹きます。
エア圧は0.1前後がちょうどいいみたいです。
クレオスのリニアL5だと最大圧ですね。

 プライマーを吹くと艶々になります。
この瞬間が好きなんです…吹き忘れがあると後々面倒なので念のため2度吹きます。

プライマーが乾燥したら白目のマスキングをします。
4~5年前の模型雑誌だとふちを細切りマスキングテープできめてから賽の目にカットしたテープで埋め、ミストが入らないようゾルで蓋をする…みたいな面倒なやり方が掲載されていましたが、自分は手抜きしています。

マスキングテープを適当にカットしたものを眼に貼り付けてから爪楊枝でなじませます。
そのあと余分な部分をデザインナイフでカットするだけです。
デザインナイフをパーツに当てるので微細な傷がつくのですが、テープ切るくらいの力のかけ方による傷だと、何度かクリアーを吹いているうちに問題なくなります。
ささみさんの場合は口を少し開けているので上歯もマスキングしたいのですが、作例では忘れていました。

白目のマスキングがすんだらフレッシュを塗装します。
最近はガイアノーツのサフレスフレッシュを使っています。
イベント前はいちいち凝った肌色を調合しているひまはないのです…
ディープサフレスオレンジ・ディープサフレスピンク2種、2本ずつが4本入ったセットです。
オレンジとピンクの2色混ぜ好みの肌色を造ります。
勿論微妙な肌色、たとえば小麦色には対応していませんが…純色シアンを混ぜれば大丈夫?

このサフレスフレッシュ、ガイアノーツさんのイベント限定カラーなので一般流通しておりません…
ガイアさんはTF・WFには必ず出展されていますので会場で購入して下さい。

このサフレスフレッシュ、最初はごく薄いクリアーだったのですがしばらくしてから濃いクリアー(ディープサフレスセットが販売されました。
正直申し上げると初期のクリアーだと色がつくまで相当吹きつけなくてはならなかったのですが、ディープセットが販売されて簡単になりました。
ただそのままの調色だとかなり濃いのでクリアーで薄めます。
クリアーの量は試し吹きして調節して下さい。
軽く吹いただけだとほとんど色がつかず、何度か吹いているうちに少しずつ色がついていく…くらいがベストです。
キャストのランナー等に吹きつけてチェックして下さい。

原型担当は依然0.2mmの細吹き用ハンドピースを使っていました。
細吹き用だと一度にふける塗量が少なく、失敗は少ないのです。
面倒なのでここ最近は0・3mmのみを使っていますが…
ハンドピースはオーソドックスなダブルアクションタイプです。

エアブラシ吹きする前に耳や二重瞼の皺、指などに面相筆で塗料を流し込んでおきます。
希釈はエアブラシ吹きと同じくらいがいいです。
何度か吹きつけていくとなじんでいきます。

エアブラシ吹きします。
必ず晴れた日におこなって下さい。
シャドウになる部分から吹いていきます。
意外に忘れるのはおでこですね。
一度に色を重ねようと思うと失敗するので根気強く何度も吹いていきます。


塗料が乾いたら白目のマスキングテープをはがします。
生乾き状態がベストらしいです。

完全に乾いたらマスキングした箇所をリタッチします。
滲んでいたり、塗料が毛羽立っている場合は面相筆を使って薄め液で軽くリタッチします。

最後に軽くクリアーを吹きます。
塗膜保護と瞳入れ塗装をしやすくするためです。
暑い時期だと梨地になりやすいので少しリターダーを混ぜます。

サフレスの方が塗膜が弱いのでは?という話を聞きます。
個人的な意見ですがクリアーを厚吹きしているで意外に頑丈だと思っています。
プライマーの上にホワイトをふき、通常フレッシュを吹いた塗膜の方が弱いです。
ホワイトの顔料はほかの色と比べ粒子が大きく、塗膜が弱くなるようです。

もう一つ…紫外線に弱いのでは?という意見もあります。
ラッカー塗料に限らず、どんな顔料・染料も紫外線で赤→黄→青→黒の順に褪色します。
古典的な草木染めの方がはるかに長生きしますね。
悲しいかな、PVCの方が頑丈です。
手元に一年版前に塗ったエリオがいますが、フレッシュはほとんど退色していないようです。
流石に窓際に置いていたわけではありませんが室内に置いとくくらいではまだ大丈夫みたいです。
塗料の紫外線褪色よりキャスト地の日焼けの方が早いかと思います。
白を吹いていないので日焼けしやすいのです。

次回は肌色以外の塗装をします。
面倒なマスキング(作業自体は結構好き。時間追われていなければ)や小物の塗装が面倒ですが@がんばってください。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/05/08(水) 16:32:05|
  2. ささみさん@がんばらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログ整理中… | ホーム | ささみさん@つくってみる(ちょっとキットレビューっぽく…)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chambremielee.blog.fc2.com/tb.php/193-f4ce90c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)