FC2ブログ

ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

ささみさん@のインレタ

明日5月5日に初頒布する「ささみさん」の取扱説明書を掲載します↓


「ささみさん@がんばらない」より

ささみさん(月読鎖々美) 1/7スケール    
Ⓒ日々々/小学館・制作委員会は@がんばらない

この度はお買い上げ頂き誠にありがとうございます。
組み立てる際にパーツの不足、成型不良がないかご確認くださいませ。
キット製作時にご不明な点がございましたら、ご連絡ください。



・ この度はお買い上げ頂き誠にありがとうございます。
・ パーツが揃っているか、必ずご確認くださいませ。

パーツリスト(レジンパーツ)
 
1 顔         11 後髪7   21 右脚        31 ドアノブ2        41 枕
2 前髪       12 帽子1   22 スカート      32 縫い包みA胴      42 ベース
3 前髪アホ毛1  13 帽子2    23 スリッパ左    33 縫い包みA前脚×2   
4 前髪アホ毛2  14 胴体    24 スリッパ右    34 縫い包みA後脚×2   
5 後髪1      15 左腕    25 ノートPC1    35 縫い包みB頭
6 後髪2      16 左手    26 ノートPC2    36 縫い包みB胴
7 後髪3      17 右腕    27 ヘッドホン×2  37 縫い包みC胴
8 後髪4      18 右手    28 ヘッドホンバンド 38 縫い包みC髪
9 後髪5      19 お尻    29 ドア        39 差分右腕
10 後髪6      20 左脚   30 ドアノブ1     40 差分右手
 
 マスキングシート×1(パジャマの襟・袖口・裾の菱形模様のマスキングにお使い下さいませ)

DSC_8632.jpg
(ささみさん本体です)

DSC_8633.jpg
(枕、ノートPC、ぬいぐるみたちです)

※それと写真には映っていませんが引き戸と円形ベースの2パーツが入っております

 全45パーツ(差分右腕パーツはベースに飾らない場合にお使い下さい)

 
   
 [組み立て]

 歪んでいるパーツがありましたら、お湯につけて(熱湯で数十秒程度)
形を整えてから水で冷やしてください。もとのかたちにもどります。。
 
各パーツに離型剤が付着していますので(離型剤はRCベルクのMR101をエアブラシで吹いて使用しています)、離型剤落としに漬け込むか、中性洗剤&クレンザーで洗い落としてください。
 
またレジンキットの製造上やむを得ず、パーツに気泡が入っている場合があります。
この際には瞬間接着剤やパテなどでうめてください。
@原型担当はパテ類は使わず、シアノン(白濁している瞬間接着剤。通常の透明な瞬着より粘り気があってレジンとの相性もいいです)とアルテコのスプレープライマー(瞬間接着剤用硬化促進剤)を使っています。シアノンの塗付には爪楊枝が便利です。
少し大きめのヒケにはレジンのランナーかすで対処できると思います。表面に細かな気泡が出ていたら再度洗浄、(歯ブラシを使って耐水ペーパーの削りかすや手垢等を落として)シアノンを塗付後整形して下さい。
肌パーツ以外かサフレスをあきらめる場合はサーフェイサーを塗付後ラッカーパテ等を
すりこむのも良いでしょう。

作例ではフレッシュ部分はサフレス、そのほかのパーツはホワイトサーフェイサーを塗付後軽くベースホワイトを吹きつけてから塗装しました。

※前髪・後髪パーツとも塗装前に全て組み立ててしまいます。
 髪やヘッドホン、帽子は干渉しやすいので、くれぐれも仮組を慎重におこなって下さい。


 [カラーレシピ]

 基本塗装はラッカー塗料を使用しました。
 GNはガイアカラー、Fはフィニッシャーズカラー、それ以外はクレオスです。

 フレッシュ:ディープサフレスピンク(GN)+ディープサフレスオレンジ(GN)+クリアー

 ※俗にいう「サフレス仕上げ」です。
  キャスト地にクレオスのメタルプライマーを塗付後、瞳をマスキングします。
  次にシアノンで傷埋めした箇所をリタッチします。
  成形色は薄いアイボリー(RCベルグのアイボリー)なのでアイボリーホワイト(F)がいいです。
  リタッチした箇所が乾いたら、軽くグラデーションをつけながら慎重にフレッシュを吹きつけます。
  
 髪:クリアーイエロー+純色グリーン(GN)+ブラウン+ブラック+クリアー
 パジャマ:オレンジ+レッド+ホワイト+パープル+クリアー
    襟:ラベンダー(GN)
      襟やカフの紐はパープル
      白部分はホワイトを塗付した上にシャドウ吹きします。
      ※シャドウ色:ブラック+純色シアン+ホワイト+クリアー

 ※パジャマの塗装について…

まずベースホワイトを吹いたら襟の菱型模様を再現するためマスキングをします。
菱型は縦対角線10mm・横対角線5mmです。
カッターマットにマスキングシートを貼り、マットの方眼を見ながらデザインナイフで切りだします。(襟・裾・カフで合計85枚ほど使いました)
菱型マスキングテープが張り終わったらラベンダーを吹きます。
乾燥後菱型のテープを剥がします。
シャドウ吹きをします。
次に塗装した部分をマスキングします。
マスキング後塗装する箇所をホワイトに戻すため、クールホワイトを吹きます。
ホワイトが乾いたら、グラデーションをつけながら塗装します。


ノートPC:ボディはマルーン、キーボード・液晶画面はブラック+ホワイトで何色か
      グレイを造って塗装。
ドア:下地にウッドブラウンを吹いた上に面相筆を使ってマホガニーで
木目を書き込みます。筆塗りの際はリターダーを混ぜます。
その上にクリアで薄めたクリアーオレンジを吹きつけます。
金属部分は青金(F)で
ベース:奥の絨毯部分はホワイトを塗付した上にシャドウ色を吹きます。
     板張り部分はドアと同様です。

スリッパ・ぬいぐるみ等はお好みで。

瞳や田宮エナメルを使用します。
クリアーオレンジ・ブラウン・ブラック・ホワイトなどを使用しました。
瞳を書き込む前にパーツにリターダーを混ぜたクリアーを吹いて表面を滑らかにしておくと、作業しやすいです。
 
口・唇・爪はクリアーレッド・クリアーオレンジ・ホワイト。
頬はエナメルで軽く恥ずかし線を入れてから、パステルでチークを入れました。



以前当ブログの記事に「顔表情差分パーツを入れる」と書いたのですが、今回は諦めました。
本当に申し訳ございません。

前髪、後髪パーツそれに帽子をはずして入れ替えるというのは非現実的かも…と思っての判断でした。
それに補強の金属線なしで組み立てられるのほどダボをきっちり造っていなかったのも失態でした。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/05/04(土) 18:34:26|
  2. ささみさん@がんばらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トレフェスお疲れ様でした。 | ホーム | トレフェス参加します。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chambremielee.blog.fc2.com/tb.php/189-3dabc233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)