FC2ブログ

ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

貴女はどっち派?

 作業中は目の前のPCで音楽はかけっぱなしです。

 ニャル子さんの「太陽曰く~」で懐メロフラグ?が立ったみたいで、youtubeでその手の動画を見ています。
 太陽曰く~で「モスカウ」フラグが出来て、シルヴィ・バルタン、ミシェル・ポルナレフ、フランス・ギャルあたりのフレンチ・ポップに、今はJ・バーキンの「バビロンの妖精」がヘビロテです。
 フレンチ・ポップは誰でも知っている名曲程度ならCD持ってるんですが…


 バビロンの妖精


 動画のジェーン・バーキンが実にいいのです。元夫のゲンズブールもかっこいいし


 個人的なことなんですが、ジェーン・バーキンって何とも話題にしにくい歌手なんですね。
  
 古い女友達の話題なんですが
 
 女性には“バーキンのように愛される”ことを望むタイプとスカーレット・オハラのようなタイプの2種類いる…なんてことを話してしまいまして、フラグを折ってしまった?・・・

 自分が憧れていた女性はことごとく前者だったのです。
 
 もちろん実際のゲンズブール夫妻にはいろいろあったはずなんですが(酒乱によるDVとか)流れてくる曲のイメージとか写真を見るとそんな幻想も持ってしまうわけですね。
 
 Jane+Birkin+jane.jpg
Jane+Birkin+Jane+B.jpg
 以上バーキンのポートレイト。なかなかいいのが出てこない…
gainsbourg
 元ダンナのゲンズブール。スペインの巨匠のマネ?ジェーン・バーキンの前にB.B.の恋人だった時もありました。

 ※ゲンズブール夫妻はおそらく造形的には好みではないのです。あくまで“絵”が良いということで…
 スカーレットのようにというよりI・アジャーニのようにと言えば正確なのかもしれませんが、アジャーニって映画ではファム・ファタル(今風にいうとヤンデ)が多いので…
 ファム・ファタルって便利な言葉ですね。ゲンズブールのニンフェット・ロリータであったバーキンもファム・ファタルと言えるし

 バーキンといえば女優業の方でよく「脱ぐ」とことが有名でした。
 「ジュ・テーム・モア、ノン・プリュ」のスチールかな?
Jane+Birkin+Jane+B  je taime
あまりにも芸術的な“絶壁さん”だったので胸の薄い(というより“ない”)女性を例える(頌える)際に使ってました↓

 「WFでスク水コスのミクの人見た?あの“無さ”って工芸品だよね…J・バーキンのようで♪」

 みたいに…

 PS
 オリガ版もいいですよ。
 菅野さんと組んで攻殻機動隊のOP歌ったりと日本のポップカルチャーに縁のある方ですね。

 Origa - Baby Alone In Babylone (Crystal Winter)

こっちは原曲のブラームスの第三交響楽に近いですね。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/05/31(木) 14:35:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テイルコート | ホーム | 薔薇見てきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chambremielee.blog.fc2.com/tb.php/125-93f0cabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)