FC2ブログ

ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

サフレス塗装の注意点

 
 サフレス塗装についてコメントを頂いたので少し補足します。

 褪色について

 褪色はサフレス塗装というより通常塗装でも起こりうります。
赤から退色して、次は黄色、青という具合に(古いGK完成品を見ると死人の肌にorz)
 
 ただサフレスで仕上げると褪色よりキャストの“紫外線”焼けの方が怖いかもしれません。成形色がホワイトでもアイボリーでも塗装しないまま太陽光にさらし続けるとキタナイ茶色に日焼けすることがあるので…
 通常塗装と比べ、クリアー色を吹きかさねているだけですのでダメージは大きそうですね。
 完成品代行業者の依頼品の画像を見ると通常塗装が多いのを見ると、やはりサフレスだと保障が出来ないからかな~と思っています。
 レプリ誌で毎回サフレス塗装の記事を書いている業者さんもトップコート(クリア)をかなり多めに吹いているみたいです。艶消しコートで“ある程度は”褪色・キャスト焼け”を抑えられるみたいです。

 ただ自分の造った完成品は室内灯レベルではあまり経年劣化してないようですね。あと塗膜も通常塗装より脆弱ということはないみたいです(むしろクリアー色を厚吹きしている点ではかえって頑丈かも)
 流石に太陽光にさらし続けるとまずいと思いますがww
 
 ただイベントでお客さんに見せるサンプルならその日だけ表に出せばいいので問題はないかと思ってます。
最近は自分のキットしか造ってないんですよ~(泣き)

 自分がサフレス塗装するのは通常塗装より単純に“楽”である点と、PVC完成品(コールドキャストは除きます)を見なれた一般のお客さんだとサフレスの方が馴染みやすいと思っているからです。
 PVCも大抵は肌色の成形色に肌の赤味(シャドウ)を吹き付けているのでサフレスの応用ともいえますし、中国の工場に送るサンプルデコマス(製品のパッケージやイベント展示品など)もプロのフィニッシャーがサフレスで仕上げていることが多いので
 
 ちょっとヤ○ザなお話をひとつ…
 
 PVCフィギュアのマ改造代行業者は
 まずPVCを型取り・リキャスト→マ改造(脱がすw)→改造パーツを再度型取り・カラーレジンでリキャスト→PVCっぽく赤味だけ軽くサフレス塗装
 
 というようにに製作するらしいです(私はやったことありませんが)
 

 最近のトレンドはレジンの成形色を生かしながら、薄い肌色を吹いていくやり方でしょうか…ガイアのサフレス塗料に白を混ぜて薄い肌色を造ったり、オリジナルの肌色をクリアで薄めたりして、吹き重ねていく人も多いみたいです。

 
 ※自分がRCベルグのファイン・アイボリーを使っているのは何社か使ったキャストのうち、成形色が一番サフレスに向いてそうだからです。アイボリーが濃すぎると肌色も濃いめになりますし、ホワイトだと自分のやりかただと肌色だけが浮いて見えるからです。
 
ただイベントディーラーさんの間で(業者抜きは除く)ベルグのアイボリーを使っている人は少ないみたいですね~自分が今まで手にしたキットで(50以上100未満)一番多い成形色はやっぱりホワイトかしら。
 手流しのディーラーさんのキットでは今のところ未確認です。
 「RCベルグ」というと代行業者としてはネームバリューがあるのですが、キット量産用品メーカーとしては少し埋もれているのかなあ…


 自分は別にベルグのまわしもんじゃないですよwww
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/05/16(水) 02:37:24|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日蝕観るの忘れてました。 | ホーム | 新作考えています。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chambremielee.blog.fc2.com/tb.php/119-8954ec0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)