FC2ブログ

ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

グラデ塗装

 業務連絡です。

 よくフィギュアの塗装で「グラデーション吹き」なる言葉が出てきます。

 たとえば

◦明色・暗色2色用意し、明色をベタ吹きしてから、シャドウ部に暗色を吹きつけていく方法。
◦ベースに白吹いてから1色のみでグラデーションをつけていく方法。
◦ベースの白にシャドウ部のみ調合したシャドウ色を吹きつけていく方法。

 こんなのがグラデーション吹きでしょうか?

 このグラデ吹き(細吹きの応用)、あらゆる模型シーンで使われています。AFV(かつてほどではありませんが)や飛行機等々…
 ただ美少女フィギュアの塗装でこそ最も重要スキルなのかもしれませんね…

 ところがグラデ塗装(細吹き)ってなかなか難しいのですよ~

 一般的には
 
 塗料を薄めに溶き(通常のベタ吹きと比して)エアーの圧を下げ、近づけて吹くのがセオリーなのですが、
エア圧の加減が以外にシビアなのが原因なんですがw
 レギュレーター(変圧器の機能付きのもの)で圧を絞るとちょっと吹くだけですぐ圧が“0”になるし、回復しなかったり…イベント直前でテンパってる時は本当にイライラするのです。
 ハンドピースが変圧機能があるものなら手前でコントロールするという手もあるのですが。

 そこで

 ちょっとネットで遊んでいたら注目すべき記事を見つけました。
 出所はミリメートルモデリングさん、当ブログで話題にしてしまうのが恥ずかしいほどの超絶ディーラーさんですが…

 グラデーション吹きの方法

◦塗料はかなり濃い目に調合して、リターダーシンナーのみで延ばす。
。圧は通常塗装より高め目に設定。
◦あとは通常のグラデ塗装と同じく対象に近づけて吹く。

 こんなやり方がいいみたいです。詳しくはミリメートルさんの記事でご確認ください。
 早速私も試してみましたが、確かに塗料がいい具合に霧状になってくれて、きれいにできました。
 
 リターダーはハンドピースのつまりや、空気中での塗料の凝固を防ぐのが目的なのでしょう。
 圧を下げてチマチマ塗装するより気持ちいいです。

 スケールモデルでは一般的な方法らしいのですが…しばらく造ってないうちに随分進歩しているのねorz
殆ど10年前の技法で戦っていた自分には(聖書にあるイエスの奇跡のごとく)目から鱗でした。
Mr.リターダーマイルド T105 【HTRC 3】Mr.リターダーマイルド T105 【HTRC 3】
()
ジーエスアイ クレオス

商品詳細を見る

 丁度あまり使い勝手の良くないw○veのレギュレーター※を買い替えようかと思っていたので少し儲けた?気分です♪ 

 ※OEMのはずなのに合わないホースが多いという困りもの。アフターサービスに電話しても梨のつぶてだし


 「シャドウ吹き」にも応用が効きそう(シンナーの代わりにクリアーで薄める)なので次回から試してみます。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/05/12(土) 11:17:37|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もいっちょ業務連絡 | ホーム | エリスさん作ります。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chambremielee.blog.fc2.com/tb.php/112-1641c8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)