ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

ねんどろいどニャル子

 先程ぐすまの“ねんどろいどニャル子”の画像が公開されました。
 昨晩の最終回放送直後に発表とはw
 最終回でちゃっかり製品の宣伝しているのがニャル子らしいというか…
 ねんどろいどよりパペットが欲しいと思ったのは自分だけではないはず

 ねんどろいどニャル子

 076df19a889058fd33653e4cc65e83e8.jpg

 やはり一番最初に発表された版権イラストが元みたいですね~
 シャンタッ君がついているのになぜ真尋は付いてないのだろう…夜鬼とかクー子も付けて欲しかった
ww
 どうでもいいけどシャンタッ君のCVはドラマCD版(金田さん)の方が良かったな…
 収録後のフリートークではSAN値削ってくれましたがね…
 なんやかんやでねんどろいど・figmaどちらも購入しそうです。
 

 タイトルの「夢見るままに待ちいたり」って原作の原題なんですよね…
 ラブ御大の作品の一節なんですが、その綺麗めなタイトルの中身がアレだったとはw
 先生が一番はいよるこんとんな気がしてならないのです。



 そういやニャル子さんのモデルはKanonの美坂栞らしいですね↓
kanon_me_c4.jpg

 作者が昔書いたカノンのSSが元になっているとか…アイスクリームw
 一応丁寧な口調といい実は腹黒?っぽいところでいい少し納得するかも~
 
 久しぶりに樋上女史の絵をみたけど凄く懐かしい…デッサン云々じゃなくて表情がいいんですよね。
 まー立ち絵はONEの方がいいのですが~長森の立ち絵が最高傑作です。
 猿のようにETERNAL FIGHTER ZEROをやったなあ

 少し辛辣で皮肉っぽい性格の栞が悪辣・冷酷・残忍な(だけど常デレな“正義の味方”…メイド服なだけに)はいよるこんとんに化けたのは面白いですね。
 栞には男前な姉?がいましたが、残念ながらニャル子さんにはダメ兄貴しかいない…

 原作でニャル子さんが「自分は病弱という点でも頂点に立つ這いよる混沌」と云ってたのはそんな訳だったんですね。

 
 

 自分も現在ニャルを造っているのですが、元絵は同じですw
 ポーズはいろいろ考えたのですが、敢えて版権イラストで攻めるのもありかと…
 可憐なニャル子さんとケレン味があるニャル(ライダー変身ポーズw)どちらがお好み?

 ねんどろいど版と一緒にうちのニャル子も飾っていただければ幸いです。
 まずはアニメ版で、余力があれば原作版も造りたい…


 昨日から服を着せ始めているのでWF前までにはサフ吹きまでいけそうです。
 今月上旬から造り始めたのですが、ずっとサボってましたww
 新作のアリスの仕上げもあったし…
 今は後髪に着手しているのですが、時間をかけてしっかり造っていきたいです…

 実は5月トレフェスでお隣だったディーラーさんの新作の造りこみが凄くて(美しくて)、少し茫然自失してたりしてww
 毎回細部は出来る限り造りこんでるつもりでしたが、認識が甘いというしかないw
 負けっぱなしでは悔しいので頑張ろう…
 今回のニャルは敢えて細部が描き込んであるイラストを選んだのでいいチャンスだと思うしかないw


 スペアヘッドも付けて、シャンタッ君と真尋も付けるつもりです。



 
 ちなみに僕はあまりディフォルメフィギュアはあまり持っていません。

 二次元を立体化するというスキルを磨くにはデフォルメキャラ造形も勉強になると思うのですが…
 ニャル子につけるちび真尋&シャンタッ君でSDキャラ初挑戦です。

 ピンキーも興味なかったし、ねんどろいどで購入したのは文学少女くらいです。
 邪神化(というよりダゴンinシュールストレミング)した遠野先輩がかわいかったということで~
スポンサーサイト
  1. 2012/06/27(水) 00:02:56|
  2. 這いよれ!ニャル子さん(ニャル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

版権無事通りました。

 夏WFに頒布許可申請したアイテムは全て許諾されました。

 頒布するGKは以下になります。

 新作

 アリス(紫苑寺有子、神様のメモ帳より)     4000円

 再販

 エリス先生(エリス・フローラリア)       5500円
 リシアメイド(リシア・ド・ノーヴァス・ユリィ) 4500円
 仁礼栖香(遥かに仰ぎ、麗しのより)       5000円
 


 昨日立川のボークスでアリスの型取りに使う透明シリコンを購入してきました。
 前回は5キロ以上使用したのですが、今回は2キロ弱で足りそうです。

 キャストは毎回使用しているベルグ製にするかコトブキヤ製にするか考えています…


 でシリコンと一緒にフジミ特シリーズの戦艦扶桑を購入~

1/700 特シリーズ No.66 日本海軍戦艦 扶桑 昭和16年1/700 特シリーズ No.66 日本海軍戦艦 扶桑 昭和16年
(2012/06/20)
フジミ模型

商品詳細を見る



 瀬戸内海で練習戦艦として活躍していた頃の姿です。

 西村艦隊ver.も同時発売、フジミのヤル気は凄いですね~
 本来ならどちらも購入したかったのですが、予算の都合であきらめました。
 
1/700 特シリーズ No.67日本海軍戦艦 扶桑 昭和19年1/700 特シリーズ No.67日本海軍戦艦 扶桑 昭和19年
(2012/06/21)
フジミ模型

商品詳細を見る


夏以降購入予定のPVCも多いしw

 モールドも長門や赤城同様のクオリティ、もうインジェクションの限界でしょう。
 
 近々発売される専用エッチング・木製甲板とファイン社のナノドレッドの兵装を組みこんでやるだけでかっこよくなりますね。
1/700 グレードアップパーツ No.72 日本海軍戦艦 扶桑 専用エッチングパーツ1/700 グレードアップパーツ No.72 日本海軍戦艦 扶桑 専用エッチングパーツ
(2012/06/30)
フジミ模型

商品詳細を見る


1/350 ナノ・ドレッドシリーズ 帝国海軍 九六式 25mm三連装機銃1/350 ナノ・ドレッドシリーズ 帝国海軍 九六式 25mm三連装機銃
(2011/03/14)
ファインモールド

商品詳細を見る


1/350 ナノ・ドレッドシリーズ 帝国海軍 九六式 25mm単装機銃1/350 ナノ・ドレッドシリーズ 帝国海軍 九六式 25mm単装機銃
(2011/03/23)
ファインモールド

商品詳細を見る

 ただアオシマ版も購入済みなのでどちらから組むか迷っています…こっちも専用エッチング、木製甲板購入済みなので
 

 ただ最近は造形ばかりしていてロクにプラモデル造れないのです…
 以前なら1/350の長門や扶桑を購入していたのに~積んどくモデラーにクラスダウンorz

 造形が巧くなるまで当分我慢のコが続きそうです。


 コンブリックの巡戦ザイトリッツも欲しい(1/350と1/700どちらも)

 ユトランド沖で大破後満身創痍で帰還した姿を製作するのが夢です。
20120527173807cc2.jpg

 いちばん有名な写真です。個人的には凄くカッコイイ絵だとおもうのですが

 艦首の喫水が深すぎたため、一旦第1砲塔の一部を解体し軽量化した後にようやくドッグに入ったところです。

 
 軍艦のクラッシュしたところ?を切り抜いたジオラマってAFVと比べるとあまりないですね…
 日本海軍だと沿岸で大破着底している写真なんかは多いのですが(戦艦だと榛名や伊勢長門、重巡利根、空母葛城等々…)
 
 
  1. 2012/06/24(日) 11:26:58|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寸法直し

 有子さんの原型が一段落したので暫く着物の寸法直しをしていました。


 自分が着ている着物はほとんどサイズが合わないため購入後、寸法直ししています。
 


 具体的に

 着物…
 1)裄出し…袖を身頃からはずしてから縫い代を出します。
 自分は裄は72cmくらいなので、ぎりぎりまで出せば何とかなります。
 寸法直しで最も簡単です。
 
 反物の幅は大凡1尺(1鯨尺=37.8787879cm)でして、

 2鯨尺(身頃と袖)-縫い代=裄

 となります。
 

 2)着丈出し

 男ものは胴上げが入っているのでそこをほどいて出します。
 女ものはおはしょりで調整すればいいのですが、男ものは着丈丁度に直さなくてならないのが面倒です…
 購入する際にどれだけ“出せる”か確認してから購入しています。
 僕の身長(178cm)でも殆ど着れるようになります。
 
 “どこまで”ほどくかが重要です。
 胴だけでなく、袵や襟も一部ほどかなくてはならないのです。
 
 大抵「裄出し」と一緒におこないます。



 羽織…
 裄出しは着物と同様です。
 
 羽丈出しは着物と勝手が違います。
 自分は長身痩躯なこともあり、羽織丈長めが好きなので(110cm~120cmくらい)好みで直すことがあります。
 あと袴を着ける場合は長羽織の方がバランスがいいですね。
 
 アンティークの(といっても昭和初期くらい)縫紋付き御召し羽織(袴をつけてセミフォーマル。今でいうとブレザーというか三つ揃いスーツというか)なんかは長羽織が多いです。


 袴
 1)丈出し
 前部は前紐から、後部は腰板から出します。

 2)襠つけ
 股のない、所謂“行燈袴”(スカート型)から股のある“馬乗り袴”(キュロット型)に改造します。
 前にも書きましたが、行燈タイプって好きじゃないので…
 
 古着、現代もの問わずほとんど行燈仕立てなので購入後必ず直しています。

 どう“股ぐり”を造るかが重要です。
 袴の仕立て方って結構バラバラ・職人さんの自己流?なのであらかじめ縫い方をよく見てから考えます。



 こんなところです。

 長襦袢なんかは裄出しだけしかしないですね。自分は袴を着けることが多いのであまり見えないし…


 遅らばせながらようやく更衣(衣替え)、冬物(袷)をしまう前に直したかったのでここ10日ほど寸法直しばかりしてました…
 10月TF向け原型はヌード状態で放置プレイしてますw


 で、ちょこっと着物自慢…

 高価なものはあまり持ってないのでアンティークの変わったものを紹介します。

 ※アンティークとは本来100年以上経過した工芸品(WTOでも決められている)のことですが、ここでいう着物の“アンティーク”は戦前より古いものを指します。 

 “大島紬”

DSC_8313.jpg

 現在大島紬は“紬”といえども紬ではないのです。
 大昔(大体大正まで)は紬糸で造っていたのですが、現代では生糸を使っているのです。
 
 そういう意味で本物の大島“紬”です。
 縦横どちらも紬糸を使っているのでふかふかしていて、一般的な大島とだいぶ風合いが異なります。
 染め直しをしているのでなんだか良く分からない色合いになってます。

 洗い張りした“反物”状態で出てきたものを購入、仕立てました。
 ふかふかした風合いを生かしたかったので裏地は絹の藍銘仙地を使いました。

 ただ…仕立てから気付いたのですが、渋すぎるというか着るとあまりにコスプレになってしまうのでほとんど着ていません。


 一般的な泥大島
DSC_8305.jpg
DSC_8310.jpg

 現代の本場(奄美大島)とは少し色見が違いますが、まあ良い品ですね。こっちは昭和初期のものです。
 泥染めは田圃の泥を使うのですが、奄美大島と、ほかの島や鹿児島本土では微妙に異なるのです。
 
女ものの高級品でよく判断の基準になる「マルキ」についてはオミットします。
 男ものではあまり話題にならないし


 これも洗い張り状態で出てきたものを同様に仕立てました。
 自分が持っている泥大島で一番着ているかも


 ちなみに自分はあまり大島は着ませんw
 亀甲絣の白大島に藍無地の大島の袷袴なんていう贅沢もしましたが、コワいみたいorz

 ※白大島って、白麻の三つ揃いスーツ同様、ヤ○ザさんぽく見えるらしいです。
 
 冬場は結城縮や塩澤紬の絣のもの、盛夏は白絣の上布が多いですね。

 袴も冬場だと結城縮や牛久などの紬が多いです。ズボン感覚にウール物でもいいのですが…
 夏になると絽や紗の御召しや紬になります。

 羽織はグレーの御召しが多いかなあ…殆どブレザーを羽織る感覚ですね。
 夏は変り絽や紗、羅なんかの絡め檻の黒になります。
 夏の羽織の風情は好きですよ~暑いけどw

 いかにも“着物着てます”然しているようなお茶席好みの御召しや大島等紬のお対なんかも好きじゃないのです。
 アンティークであるかどうかにかかわらず昔からある絣の紬なんかが好きなんですね。


 そういう意味ではコスプレなんでしょうね。


 履物は以前は雪駄(南部や棕櫚畳)が多かったのですが、雨に弱いという欠点(2回ほど壊しました)もあるので駒下駄やブーツにしてます。
 下駄は少し細身の物が好みなので女ものの駒下駄を、ブーツも女もののサイズが少し大きめなものを見つくろっています。履物の鼻緒は冬なら印伝やグレーの本天、夏場は白革がベスト。

 鎌倉彫りとか右近下駄、柄足袋とか許せないんですね。


 羽織紐は昔ながらの長めの組み紐のみ使っています。単色の変り組みのものや多色のものが多いのですが、小さいものやトンボ玉を使った無双紐(相撲取りがよくしているやつ)は好きじゃないです。
 夏場は白の平打ちしか使いません。下手に色がついていると暑苦しいので。
 グレーも色調はいいのですが凶事になってしまうのかな

 参考までに 

 結城紬80亀甲
DSC_8311.jpg
DSC_8312.jpg

 現代ものの結城紬です。
 藍染(化学染料)で亀甲絣は最もポピュラーですね。
 昔は1亀甲で1万円とよく言ってましたが、現在80亀甲だと40万位みたいです。
 中古(躾糸がついていたので新古品)なのでそんなに出してないけどw

 まあ良く造っているとは思いますが、アンティークと比べて味気ないですね。
 寸法直ししてからほとんど着てないです…
 「本場結城の80亀甲」を着ている…と思われるのも癪なのでw
 
 アンティークの結城は結構持っていて冬場は重宝していますが…
 結城紬のアンティークは大抵“縮”織り(結城御召ともいう)なんですが、イマイチ人気がないみたいです。
 僕は結構好きなんですがね。

 
 巫女袴…ではないですよ。
DSC_8295.jpg

 有職装束の指貫や指袴と襞の取り方が異なります。

 指貫・指袴・巫女袴は前後とも三襞寄せ、
 馬乗り袴・仕舞袴は前五、後1
 となります。後者は腰板をつけますし。

 そんなんで巫女ぷれい?できないorz
 
DSC_8296.jpg

 緋染めの精好織の仕舞袴(能用。一般的な馬乗り袴と少し仕立て方が異なる)です。
 緋の精好といえば十二単(唐衣裳装束)の長袴や女子神職の袴なんかに使います。
 有職装束とほぼ同じ生地で造った仕舞袴です。

 男性で緋染めの袴を着けられるのは、現代では御一方(天皇陛下の御引き直衣・御上直衣)です。
 江戸時代までは院政が残っていたので上皇の緋の指袴なんかもですね。


 
 有職(神職)ついでに指袴です。

DSC_8294.jpg

 神職さんが浄衣の下につけたものでしょう。
 白平絹(羽二重)袷仕立てです。

 これが緋の精好になると女子神職(巫女袴)になります。
 
 最も助勤巫女の経験がある女性に言わせると襠のある(股が分れている)緋袴は嫌われている?らしいです。
 所作が綺麗なのは良いけど、取り回しが面倒くさいみたい…



 人をひどく舐めた袴
DSC_8298.jpg


 これも仕舞袴でした。
 本物の仙台平ではなく化繊のイミテーションです。

 なめているというのは…


 ちゃんとした袴だと前紐裏の縫い代を反物の織端で包みます。
 その織端にはよく「精好仙臺平」と筆文字風に書いてあるのですが
p_05.jpg


 こちらは「精巧仕舞平」なんですね…残念過ぎるorz

DSC_8299.jpg


 ※本場の仙台平はほとんど絶滅しています。人間国宝も甲田氏だけですし。
 一般的に仙台袴といわれるものは米沢辺りで織られています。

 銘仙道行
DSC_8300.jpg

 女性物を直したものです。

  元々はお父さんの着ていた着物をお母さん(おばあちゃん)が仕立て直してきてたものでしょう。
 生地は男ものっぽいし、縫い代とかに男ものだった頃の跡ありました。
 銘仙(安物の絹紬織物)ですが、裏地が凄い…
DSC_8301.jpg

 もう額裏というレベルですね…絵心がある家族の誰かに富士山をかかせたのかなあ~
 折り目の粗い平絹に絵筆で直に描いたようです。
 少し稚拙な額裏とはいえ面白いですね。
DSC_8302.jpg

 戦前の道行なので鳩目ボタンではなく組み紐留めです。
DSC_8304.jpg
 


 ちょこっと可愛い帯です。
DSC_8315.jpg

 おそらく七五三のために特別に造らせたものでしょう。
 画像の色が悪いのですが実際は何ともええ色なんですよ…
 
 よっぽどめでたかったらしく鶴と亀ですね。
 亀は亀甲なので分かりやすいですが、鶴は判るかな?
 DSC_8316.jpg

 立ち姿のシルエットです。
 
 自分が使うにはあまりにも短すぎたので昼夜帯に仕立て直しました。
 倍の長さになるわけですが、子供は2回巻きが普通なので(成人男子の角帯は3回巻きます)丁度いい長さになりました。


 一見色無地の繻子の帯なんですが
DSC_8317.jpg

 あちこちに刺繍が施してあります。
DSC_8318.jpg

 おそらく女物の丸帯を仕立て直したものでしょう。
 他にも手毬の柄なんかも可愛いです。

 普通は
DSC_8319.jpg
 こんな帯を締めることが多いです。戦前の西陣のジャガード織かな?
 こういう渋い(でも色目は少し派手)な帯って現代ものでは少ないんですよね。
 西陣でもやたらに明るめな綴れ帯が多いしw

 

 自慢でもなんでもありませんが着物は結構持ってます。
 桐箪笥換算すると5竿以上はあるはず…結構人に譲ったりもしたんですがねw
 着るものってキリがないので~


 骨董市で安く買ってから直してきています。

 予算的には

 着物…4000円~10000円
 羽織…3000円~7000円
 袴…2000円~5000円
 長襦袢…1500円~3000円
 角帯…2000円~5000円
 
 くらいの価格帯のものがほとんどです。
 全部揃えて10000円~20000円で収まりますね。
 寸法直しはすべて自分でやっているのでプライスレスです。

 呉服屋さんで同程度のものを造ると20倍くらいかかりますが…

  
 しかし着物といいあまりカジュアルなもの持ってないですね…
 洋服もスーツはほとんど3つ揃いだし、テイルコートやフロック、モーニング等フォーマルばかり多いw
 ワイシャツもカラーのはずせるセパレートタイプしか持ってないorz

 日常生活ではあまり役に立たない“衣装”持ちという点ではどこぞのニート探偵と同様です。
  1. 2012/06/21(木) 00:13:38|
  2. 着物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏WF


 夏WFの本申請結果が一部判明しました。

 新作のアリス(神様のメモ帳)とすみすみ(かにしの)は無事通過、ユースティアの2人は返答待ちです。

 返答待ちの2人は5月TFで頒布したものなのでおそらく大丈夫かと…


 有子さん(アリス)は今週中に型抜き・量産に入りたいと思います。

  1. 2012/06/18(月) 22:49:49|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作造り始めました。

 新作造り始めました。

 10月神戸TFに這いよるつもりです。
 
 ポーズはいろいろ考えたのですが、有名な版権イラストでいきます。
 顔より小さいディフォルメキャラも造るので前作より大きめ、1/7位のサイズです。
 PVCでは最も一般的なスケールでしょう。
 5月のTFの新作とほぼ同じ大きさ、これくらいが一番造りやすいのです。
 DSC_8291.jpg

 オールスカルピーです。
 
 色の違うところは芯が出てしまったところですね。
 スカルピープリモの色が違うだけで性能は他と同じです。
 自分はグレイスカルピーとプリモを適当にブレンドして使っています。

 配合比は秘密…じゃなくて毎回適当に混ぜているので本人も良く分からないのです。
 大体5.5:4.5といったところでしようか?
 少しだけグレスカの方が多いかも

 まず芯を造ってから1.5mmアルミ線でつなげます。
 よく元絵を見てポーズ確認、関節に一度スカルピーを充填してから焼いて固めます。
 一度硬化させたスカルピーに重ね盛りする際には、予めリキッドスカルピーを塗っておきます。

 固まった骨格に少しずつ肉をもって大凡感じが掴めてきたら、再びオーブンへ

 上手い人だと一発でヌードを完成させられるみたいですが、私にはムリ…
 未硬化だとべたべたしていて、取り扱いも面倒なのでさっさとオーブンに入れちゃってますw

 DSC_8292.jpg

 まだまだおかしいところが多いですね。
 お尻、おぱいなんかヒドイorz

 二日間弱、実質6時間なので~
 顔も別に造ってます。
 スペアヘッド用意したいですね。

 せっかく大きめに作ったので細部もこだわっていきます。
  1. 2012/06/10(日) 18:07:03|
  2. 這いよれ!ニャル子さん(ニャル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この時期になると…

 春先から今時分になると、どうにも片頭痛が多いのです。

 昨日も帰宅後頭痛がひどかったので、ロキソニンを飲んで就寝、今朝がたは薬を取りにいけないほど酷かった…

 30過ぎたころから頭痛の間隔が徐々に狭まってきたみたいです。胃も心臓もあまり良くないし~
 私は市販薬を飲んで安静にしていると収まる程度なんですがね。

 バファリンもロキソニンも思考が鈍くなるというか、出来の悪い頭がますます残念なコトになるですヨ。

 新作も造り始めたことだし、健康面も気を使わないと…
  1. 2012/06/08(金) 23:26:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

讀賣新聞にも這い寄ってる

 先週の土曜の讀賣新聞にこんな記事がありました↓

DSC_8271.jpg

 読めますよね。新聞の文化欄にまで這い寄っている…

 昨日場末のツ○ヤでに寄ったのですが、平積みしている文庫の上に

 「いつもニコニコあなたの隣に這いよる本屋」

 なるポップが…

 普通の本屋なのに棚には「」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」って貼ってていいのでしょうかね。

 自分の残りSAN値疑いましたよorz

 巷ではどの程度這いニャルが流行っているかよく分かりませんw
 ニコ動の再生数なんて参考にならないと思うし、(アマチュア)原型師って基本的にはがないなので…


 アリス(邪神様のメモ帳w)もいい加減終わらせなくちゃ…

DSC_8281.jpg

DSC_8283.jpg
DSC_8286.jpg

 ※画像は暗くて分かりずらいですね。すみません。
 仕上げサフ吹き前です。まだサフを筆塗りしながら表面処理している段階の、明日“本吹き”します。


 早いとこニャル子さん造り始めなくては

 1/8サイズで造るつもりだったのですが、チビ真尋・シャンタ君も一緒に造りたいので少し大き目、1/7サイズで造ります。
 一般的なPVCのサイズですね。これくらいが一番造りやすいのです。
 
 自分のイベントデビュー作ははいよるこんとんだったのでリベンジです。
 
 ポーズは凄く迷いましたが、先ずは露払い、アニメ版の方をやろうと思っているので版権イラスト起こしでいこうかと…

アニメ版ニャル子さん

 夏WFの本申請が分かる頃には大体服着せまで進めれば…
 
 ヒートなあの娘も考えています。

 ハス太は…パジャマ可愛い~セーラー服も似合いますがね。
 ショートパンツをキャストオフにするのって結構めんどそうorz

 今までイベントで頒布したキットは大抵キャストオフ可で造っているので(本申請時もちゃんと版権元様にお知らせしていますし)がんばろう。
  1. 2012/06/07(木) 00:27:45|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんな形だったか…

 帰宅後、ブラウン管テレビの模型を造っています。
 本申請の際間に合わせで2つ造っていたのですが、全く使いものにならないので最初から造り直します。

 DSC_8272.jpg


 昨日からスクラッチし始めたのですが、なかなか画像が見つからず少し困ってます。

 DSC_8280.jpg



 正面とか側面の画像はネットで出てくるのですが、真後のディテールが良く分からないのです。
 確か祖母の家に1台生き残っていたと思うので今度取材に行きます。

 オーソドックスなプラ板細工です。

 まだ細部は造りこんでないですね。
 無垢だとキャストがもったいないので前後2分割にします。
 1個造ったら複製します。

 スケールモデルのスクラッチではないのであくまでイメージ重視、画面サイズ以外はすべて現物合わせです。
 昔AFVやってた頃よくブラ版造ってたなあ~ちょっと懐かしくなりました。
 3号突撃砲の戦闘室を作ってみたり…インテリアに凝りだすとAFVって本当に完成しなくなるんですよね。

 使用したのは1・5mmと0.5mmの二種類のみです。
 エバーグリーンの溝掘ってるやつとかも欲しかったのですが見つからなかった(高いし

 高いと言えばタミヤプラ版の値段が上がっていて(B4サイズで700円)びっくりしました。
 プラ版そのものはここ10年購入していなかったので…

 プラ版をPカッターで切りだすのとか、ケガキ針でスジボリ造るのとか本当に久しぶりでした。
 

 プラ板ですが10年ほど前ならプラモ造るときは必ず必要なものでした。
 
 艦船ならスポンソンの造りかえ、飛行機(AFVでも)ならパーツの補強等々…
 ガンプラのことはよく分からないのですが、ちょい前の模型誌を読むとプロポーション補正とかで当たり前のように使用している作例がありますよね。

 最近のキットはスケール、キャラクター問わず“出来が良くなりすぎた”せいであまりプラ材を使わなくても完成させらるようになりました。大スケールキットなどではいまだに補強目的で使うことが多いのですが

 一応20年弱の模型歴のある自分は少し寂しい気もします。
 
  1. 2012/06/03(日) 20:34:06|
  2. 神様のメモ帳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかなか進まない…

 夏WF向けの新作ですが


 もう水砥ぎに入っているのになかなか進まない…
 特に気になる箇所もないし、今回はほとんど迷うとこもなくストレスなく造れていたのですが…

DSC_8266.jpg

 うーん、作業机が散らかってきたせいかしら?
 今週末にはすべて終わらせるはずだったのにサボリ過ぎorz
DSC_8268.jpg


 気分転換にテレビを造ってます。
 本申請時に急いでつくったものはおかしい(テレビ画面の縦横比率がおかしい)ので造り直します。
 1個造ってから型取りして量産します。
DSC_8269.jpg
  1. 2012/06/02(土) 12:43:55|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

テイルコート

 ちょっと私的なパーティーに呼ばれました。

 何着てこうか迷ったのですが、久しぶりにテイルコートを着てみました。
 ドレスコードなんてないのですが、お遊びということでご容赦を…普通なら羽織袴なんですけどね。

DSC_8258.jpg


 テイルコートって日本語でいう燕尾服のことです。
 英語では正式には「スワーローテイルドコート」と云い、それの直訳です。
 愚直過ぎる訳ではありますが、私は好きです。
 英語文化圏の人は他に「テイルズ」とか「イヴニングコート」とも呼びます。

 ※仏語では「アビ」独語では「フラック」ですな。

 元は乗馬服の一種、英国のジェントリが晩餐の際、昼のフロックコートと区別して着るようになりました。(正式に礼装に昇格するのは1840年代)
 タイが白いのは旧い時代(アンシャンレジームからフランス王政復古の頃)の名残ですね。
 タキシードが黒蝶タイなのは19世紀のフロックコート(昼礼装)のタイの名残とも言えます。

 頻繁に着られた1930年ごろまでは流行があったのですが最近はあまりなくなってしまいました。音楽家や社交ダンサー以外ではもう儀礼用の衣装なので…
 紳士服の流行ってシルエットやボタン位置とか非常に細かく分かりにくいのです。…決まり切ったルールの下で勝負してたわけだから昔のお洒落って本当に凄いのですよ。
 

 この燕尾服、現代のスーツとは比べ物にならないほどタイトに仕立ててあるので着こなすのが難しいのです…
 なれないと上着の腕を通すのも一苦労、背中に貼りつくように仕立てるのでヘム(前裾)を引っ張るようにして着ます。
 パンツも股上が非常に大きいので(胃まで隠れるくらい)圧迫感あるかも…1キロも太れない

DSC_8261.jpg


 シャツ、ホワイトタイ、ウェストコート(ベスト)、カフリンクやスタッド(飾りボタン)はアンティークです。
 シャツとタイ、ウェストコートはパリの蚤の市で購入しましたが結構趣味的な要素の強いデザインですね。

 ※現代ではタイはバタフライタイプが主流、シャツはプリーツを造らないスターチドブザム(イカ胸)が基本、ウェストコートもシングルのカラーレスが多いかなあ。
 あと昔のシャツって非常に裾が長いのです。膝まであるくらい…

 シャツカラーは自作です。昔は洗濯環境が悪かったためカラー(さらにカフ)を取り外せるようにシャツを仕立て、よごれや皺の目立ちやすいカラー、カフのみ交換していました。
 ヴィクトリア朝の頃はカラー、カフは自宅(都会の)でランドリーメイドに扱わせ、それ以外の洗い物は郊外の邸宅でまとめて洗わせていたはずですね。

 糊で固めたカラーを前後の専用のカラーボタン(金属と白蝶貝製)で留めるわけです。
 白蝶タイ(コットンピケ)は勿論自分で結ぶタイプですよ。出来あいのものよりはるかにエレガントです。

 ウォッチチェーンは正式にはNG。懐中時計はズボンの上部にある専用のポケット(ウォッチフォブ)にリボン(若しくはリボン状の専用鎖)で垂らして入れます。

 スタッド・カフリンクはホワイトゴールドに白蝶貝(若しくは真珠)を埋めたものです。
 銀だとシャツが汚れます…

 帽子はトップハット(シルクハット)以外は許されません。観劇では折りたためるオペラハットをかぶります。

 今回ステッキはオミット…黒壇に金や銀の握りの物が一般的ですが特にルールはないです。

 靴は黒エナメルやカーフスキン(仔牛)のオックスフォードが良いのですが、ポインテッドトゥのストレートチップで我慢…昼礼装(フロックコートやモーニング)なら問題ないのですがね。
 エナメル以外をはく場合、靴墨でズボン裾が汚れないように白キッドのスパッツを靴上部につけるですが…そんなものどこにもないです。

 キッドスキンの手袋(ぼろい)はどこにしまったか…結局見つからなかったのでオミットしました。
 手袋って消耗品なので半ダースからの注文になるのですが、いまの私にはそんな余裕がない。
 前は通販で買えたけど最近は見ないです。
 冬はタイが隠れないようシルクのマフラーを垂らし、インバネスを着用すればいいですね…
 インバネス(オペラクローク)は一般的ではないので二重廻し(とんびとも。和服用コート)やれる仕立て屋さんに造って貰いましょう。裏地はモーブ(赤紫)なんかがエレガント。

 最後に
 胸元に花を飾ることは忘れずに…ちゃんとした仕立てのものだとラペル裏に花の茎を通す糸があるはず…

 真っ赤な薔薇やカーネーションだととかえって野暮なので小ぶりなオールドローズが可愛いでしょう。



 イメージチェンジとかじゃないですよ。10年以上前和服着る前はこんな感じでした。
 フロックコートやモーニングもなぜか持っています。
 
 パーティといっても知り合いの、軽い出版祝いのオープニングだったので白ワインを少々入れただけで早めに退散しましたw
  1. 2012/06/02(土) 04:16:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0