ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

寸法直し

 有子さんの原型が一段落したので暫く着物の寸法直しをしていました。


 自分が着ている着物はほとんどサイズが合わないため購入後、寸法直ししています。
 


 具体的に

 着物…
 1)裄出し…袖を身頃からはずしてから縫い代を出します。
 自分は裄は72cmくらいなので、ぎりぎりまで出せば何とかなります。
 寸法直しで最も簡単です。
 
 反物の幅は大凡1尺(1鯨尺=37.8787879cm)でして、

 2鯨尺(身頃と袖)-縫い代=裄

 となります。
 

 2)着丈出し

 男ものは胴上げが入っているのでそこをほどいて出します。
 女ものはおはしょりで調整すればいいのですが、男ものは着丈丁度に直さなくてならないのが面倒です…
 購入する際にどれだけ“出せる”か確認してから購入しています。
 僕の身長(178cm)でも殆ど着れるようになります。
 
 “どこまで”ほどくかが重要です。
 胴だけでなく、袵や襟も一部ほどかなくてはならないのです。
 
 大抵「裄出し」と一緒におこないます。



 羽織…
 裄出しは着物と同様です。
 
 羽丈出しは着物と勝手が違います。
 自分は長身痩躯なこともあり、羽織丈長めが好きなので(110cm~120cmくらい)好みで直すことがあります。
 あと袴を着ける場合は長羽織の方がバランスがいいですね。
 
 アンティークの(といっても昭和初期くらい)縫紋付き御召し羽織(袴をつけてセミフォーマル。今でいうとブレザーというか三つ揃いスーツというか)なんかは長羽織が多いです。


 袴
 1)丈出し
 前部は前紐から、後部は腰板から出します。

 2)襠つけ
 股のない、所謂“行燈袴”(スカート型)から股のある“馬乗り袴”(キュロット型)に改造します。
 前にも書きましたが、行燈タイプって好きじゃないので…
 
 古着、現代もの問わずほとんど行燈仕立てなので購入後必ず直しています。

 どう“股ぐり”を造るかが重要です。
 袴の仕立て方って結構バラバラ・職人さんの自己流?なのであらかじめ縫い方をよく見てから考えます。



 こんなところです。

 長襦袢なんかは裄出しだけしかしないですね。自分は袴を着けることが多いのであまり見えないし…


 遅らばせながらようやく更衣(衣替え)、冬物(袷)をしまう前に直したかったのでここ10日ほど寸法直しばかりしてました…
 10月TF向け原型はヌード状態で放置プレイしてますw


 で、ちょこっと着物自慢…

 高価なものはあまり持ってないのでアンティークの変わったものを紹介します。

 ※アンティークとは本来100年以上経過した工芸品(WTOでも決められている)のことですが、ここでいう着物の“アンティーク”は戦前より古いものを指します。 

 “大島紬”

DSC_8313.jpg

 現在大島紬は“紬”といえども紬ではないのです。
 大昔(大体大正まで)は紬糸で造っていたのですが、現代では生糸を使っているのです。
 
 そういう意味で本物の大島“紬”です。
 縦横どちらも紬糸を使っているのでふかふかしていて、一般的な大島とだいぶ風合いが異なります。
 染め直しをしているのでなんだか良く分からない色合いになってます。

 洗い張りした“反物”状態で出てきたものを購入、仕立てました。
 ふかふかした風合いを生かしたかったので裏地は絹の藍銘仙地を使いました。

 ただ…仕立てから気付いたのですが、渋すぎるというか着るとあまりにコスプレになってしまうのでほとんど着ていません。


 一般的な泥大島
DSC_8305.jpg
DSC_8310.jpg

 現代の本場(奄美大島)とは少し色見が違いますが、まあ良い品ですね。こっちは昭和初期のものです。
 泥染めは田圃の泥を使うのですが、奄美大島と、ほかの島や鹿児島本土では微妙に異なるのです。
 
女ものの高級品でよく判断の基準になる「マルキ」についてはオミットします。
 男ものではあまり話題にならないし


 これも洗い張り状態で出てきたものを同様に仕立てました。
 自分が持っている泥大島で一番着ているかも


 ちなみに自分はあまり大島は着ませんw
 亀甲絣の白大島に藍無地の大島の袷袴なんていう贅沢もしましたが、コワいみたいorz

 ※白大島って、白麻の三つ揃いスーツ同様、ヤ○ザさんぽく見えるらしいです。
 
 冬場は結城縮や塩澤紬の絣のもの、盛夏は白絣の上布が多いですね。

 袴も冬場だと結城縮や牛久などの紬が多いです。ズボン感覚にウール物でもいいのですが…
 夏になると絽や紗の御召しや紬になります。

 羽織はグレーの御召しが多いかなあ…殆どブレザーを羽織る感覚ですね。
 夏は変り絽や紗、羅なんかの絡め檻の黒になります。
 夏の羽織の風情は好きですよ~暑いけどw

 いかにも“着物着てます”然しているようなお茶席好みの御召しや大島等紬のお対なんかも好きじゃないのです。
 アンティークであるかどうかにかかわらず昔からある絣の紬なんかが好きなんですね。


 そういう意味ではコスプレなんでしょうね。


 履物は以前は雪駄(南部や棕櫚畳)が多かったのですが、雨に弱いという欠点(2回ほど壊しました)もあるので駒下駄やブーツにしてます。
 下駄は少し細身の物が好みなので女ものの駒下駄を、ブーツも女もののサイズが少し大きめなものを見つくろっています。履物の鼻緒は冬なら印伝やグレーの本天、夏場は白革がベスト。

 鎌倉彫りとか右近下駄、柄足袋とか許せないんですね。


 羽織紐は昔ながらの長めの組み紐のみ使っています。単色の変り組みのものや多色のものが多いのですが、小さいものやトンボ玉を使った無双紐(相撲取りがよくしているやつ)は好きじゃないです。
 夏場は白の平打ちしか使いません。下手に色がついていると暑苦しいので。
 グレーも色調はいいのですが凶事になってしまうのかな

 参考までに 

 結城紬80亀甲
DSC_8311.jpg
DSC_8312.jpg

 現代ものの結城紬です。
 藍染(化学染料)で亀甲絣は最もポピュラーですね。
 昔は1亀甲で1万円とよく言ってましたが、現在80亀甲だと40万位みたいです。
 中古(躾糸がついていたので新古品)なのでそんなに出してないけどw

 まあ良く造っているとは思いますが、アンティークと比べて味気ないですね。
 寸法直ししてからほとんど着てないです…
 「本場結城の80亀甲」を着ている…と思われるのも癪なのでw
 
 アンティークの結城は結構持っていて冬場は重宝していますが…
 結城紬のアンティークは大抵“縮”織り(結城御召ともいう)なんですが、イマイチ人気がないみたいです。
 僕は結構好きなんですがね。

 
 巫女袴…ではないですよ。
DSC_8295.jpg

 有職装束の指貫や指袴と襞の取り方が異なります。

 指貫・指袴・巫女袴は前後とも三襞寄せ、
 馬乗り袴・仕舞袴は前五、後1
 となります。後者は腰板をつけますし。

 そんなんで巫女ぷれい?できないorz
 
DSC_8296.jpg

 緋染めの精好織の仕舞袴(能用。一般的な馬乗り袴と少し仕立て方が異なる)です。
 緋の精好といえば十二単(唐衣裳装束)の長袴や女子神職の袴なんかに使います。
 有職装束とほぼ同じ生地で造った仕舞袴です。

 男性で緋染めの袴を着けられるのは、現代では御一方(天皇陛下の御引き直衣・御上直衣)です。
 江戸時代までは院政が残っていたので上皇の緋の指袴なんかもですね。


 
 有職(神職)ついでに指袴です。

DSC_8294.jpg

 神職さんが浄衣の下につけたものでしょう。
 白平絹(羽二重)袷仕立てです。

 これが緋の精好になると女子神職(巫女袴)になります。
 
 最も助勤巫女の経験がある女性に言わせると襠のある(股が分れている)緋袴は嫌われている?らしいです。
 所作が綺麗なのは良いけど、取り回しが面倒くさいみたい…



 人をひどく舐めた袴
DSC_8298.jpg


 これも仕舞袴でした。
 本物の仙台平ではなく化繊のイミテーションです。

 なめているというのは…


 ちゃんとした袴だと前紐裏の縫い代を反物の織端で包みます。
 その織端にはよく「精好仙臺平」と筆文字風に書いてあるのですが
p_05.jpg


 こちらは「精巧仕舞平」なんですね…残念過ぎるorz

DSC_8299.jpg


 ※本場の仙台平はほとんど絶滅しています。人間国宝も甲田氏だけですし。
 一般的に仙台袴といわれるものは米沢辺りで織られています。

 銘仙道行
DSC_8300.jpg

 女性物を直したものです。

  元々はお父さんの着ていた着物をお母さん(おばあちゃん)が仕立て直してきてたものでしょう。
 生地は男ものっぽいし、縫い代とかに男ものだった頃の跡ありました。
 銘仙(安物の絹紬織物)ですが、裏地が凄い…
DSC_8301.jpg

 もう額裏というレベルですね…絵心がある家族の誰かに富士山をかかせたのかなあ~
 折り目の粗い平絹に絵筆で直に描いたようです。
 少し稚拙な額裏とはいえ面白いですね。
DSC_8302.jpg

 戦前の道行なので鳩目ボタンではなく組み紐留めです。
DSC_8304.jpg
 


 ちょこっと可愛い帯です。
DSC_8315.jpg

 おそらく七五三のために特別に造らせたものでしょう。
 画像の色が悪いのですが実際は何ともええ色なんですよ…
 
 よっぽどめでたかったらしく鶴と亀ですね。
 亀は亀甲なので分かりやすいですが、鶴は判るかな?
 DSC_8316.jpg

 立ち姿のシルエットです。
 
 自分が使うにはあまりにも短すぎたので昼夜帯に仕立て直しました。
 倍の長さになるわけですが、子供は2回巻きが普通なので(成人男子の角帯は3回巻きます)丁度いい長さになりました。


 一見色無地の繻子の帯なんですが
DSC_8317.jpg

 あちこちに刺繍が施してあります。
DSC_8318.jpg

 おそらく女物の丸帯を仕立て直したものでしょう。
 他にも手毬の柄なんかも可愛いです。

 普通は
DSC_8319.jpg
 こんな帯を締めることが多いです。戦前の西陣のジャガード織かな?
 こういう渋い(でも色目は少し派手)な帯って現代ものでは少ないんですよね。
 西陣でもやたらに明るめな綴れ帯が多いしw

 

 自慢でもなんでもありませんが着物は結構持ってます。
 桐箪笥換算すると5竿以上はあるはず…結構人に譲ったりもしたんですがねw
 着るものってキリがないので~


 骨董市で安く買ってから直してきています。

 予算的には

 着物…4000円~10000円
 羽織…3000円~7000円
 袴…2000円~5000円
 長襦袢…1500円~3000円
 角帯…2000円~5000円
 
 くらいの価格帯のものがほとんどです。
 全部揃えて10000円~20000円で収まりますね。
 寸法直しはすべて自分でやっているのでプライスレスです。

 呉服屋さんで同程度のものを造ると20倍くらいかかりますが…

  
 しかし着物といいあまりカジュアルなもの持ってないですね…
 洋服もスーツはほとんど3つ揃いだし、テイルコートやフロック、モーニング等フォーマルばかり多いw
 ワイシャツもカラーのはずせるセパレートタイプしか持ってないorz

 日常生活ではあまり役に立たない“衣装”持ちという点ではどこぞのニート探偵と同様です。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/21(木) 00:13:38|
  2. 着物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝負羽織

 トレフェス行ってきます。

 頒布アイテムは

 新作
 エリス先生(穢翼のユースティアより)   5500円
 リシア・メイド(穢翼のユースティアより) 4500円
 
 再販
 仁礼栖香(遥かに仰ぎ、麗しのより)    5000円


 以上です。

 必勝祈願ということで?勝負羽織着てきます。

 表地は普通の紬なのですが
DSC_1303.jpg


 羽裏がすごいんです。無双羽織です。
DSC_1304.jpg


 静御前です。白拍子姿なのが嬉しい…能でいうところの「しずやしず~」ですな。

 あと勝負扇子。全て手書きです。金銀漆を散りばめた高級品で、すすき・紫陽花・鶯とかなり欲張りに雅な絵柄です。今の季節だと鮎なんかがいいんでしょうね…10年ほど前骨董市で買ったのですが“要”が壊れていたためジャンク扱いでした。
DSC_1308.jpg
  1. 2012/05/06(日) 19:44:46|
  2. 着物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

骨董市いってきた

 昨日28日のことなのですが、川越成田不動尊の骨董市に行ってまいりました

 毎月28日の開催なので平日に開催が多いのですが、土曜日だったこともあり川越民の友人(イベント手伝ってもらってます)と2人で廻りました。
 GW初日で天気も良かったのでかなりにぎわってました。以前は始発出勤でしたが最近は午前9:30到着、重役出勤ですね…冬を惜しむよう?厚手の着物で(結城縮の着物、同じく結城縮の袴、御召しの羽織)ちょっと暑かったです。5月も後半になると先走って単衣の着物を着るのですが(厳密にはNG)そんな陽気でしたね。
 僕はイベント前でお金をあまり遣いたくなかったので何も買いませんでしたが、連れはなかなか面白いものを買っていました~というか半分私が買わせたのかも(焦)

 彼の釣果は

 黒のオーストリッチの煙草容れ:中身だけ取り出して容れるタイプではなく箱をそのままいれるタイプのもの。結構しっかりした造りでかっこいいのですが、オーストリッチなので下手すると頭の悪いホストになりそうですが素敵。

 フランス製パイプ:ブライヤー(地中海原産の灌木の根っこ。パイプの材料としては最もポピュラー)に綿ジャガード織の布を巻き、縫い目を皮で留めているというかなり変わった造りのパイプでした。皮だけで覆っている(キッドや鹿等のバックスキンやセーム皮、牛や蛇皮もの)は割と見かけるのですが、布で覆っているのは初めてみました。ちょっとキッチュな印象もありますが、遊び心を感じるというか凄くおしゃれな一品でした。

 角帯:男物の着物に締める帯です。もちろん正絹。戦前の西陣あたりのジャガード織だと思うのですが、薄手に織りあげたものを半分に折ってつかう綴れ帯タイプ。

 本当は写真も撮らせてもらいたかったのですが、カメラ(とmp3プレイヤー)として使っているスマートフォンのバッテリーが切れてて撮れませんでした。多少画像が悪くても携帯で撮らせてもらえば良かった…
                     
 川越って小江戸とか呼ばれるように古い街並みが残っている観光地なので、「和服で川越を歩こう」みたいな観光客も多かったなあ…男性の着物姿って自分以外にはリアルではあまり見ないので新鮮と言えるかも~銀座あたりじゃなければコミケが一番人口が多い?
 ただ普段着が羽織袴の人間から言わせてもらうと、“おしゃれしたい気持ちは分かるけど、ちょっとやりすぎ”みたいな方が多いのが残念ですね。男ものの生地って女性ものと比べてはるかに地味だしどこかでおしゃれを演出したい気持ちは分かるのですが、半襟や羽織紐、足袋まで派手すぎるのはいかがなものかと…洋服でも同じことがいえるのですが、一部分だけ目立ってしまうのは野暮だと思うので…女の子なら“可愛い”ですむのですがね
 
 たとえば江戸風の粋(“いき”の方。私はあまり好きじゃない)ってわずかに意識的な不調和を演出して楽しむものかと思います。茶道の“欠けている美”とか日本人好きですよね。
 ただ意識的な不調和以外は厳格なルールが存在するので、しっかりと着付けやTPOを覚えてから自分なりの好み(着方や仕立て)をみつけてから所作を学ばないと、ただ着物に“着られている”ように見えて格好悪いのです。男ものの着付けって女ものと比べてシンプルですがなおさら難しいといえるかも
 あと所作の美しさ"っておしゃれの究極だと思うので自分もまだまだ学ばなくちゃ~ 
 自分も昔は階段の登り方とか座り方、下駄の減らし方(均一に下駄の歯を減らしていくアスファルトじゃ割れていきますが)なんか気にしてたなあ…好みはアンティークから現代ものまで一通り見て、古着は寸法直ししたり、反物から仕立てたりして覚えました。

 自分でも先輩風うざいのでこのあたりで



 骨董市を一回りした後は名曲喫茶でしばらくお茶してからアニメイトに寄りました。

 漫画立ち読みして「コイツのネーム描きなってねえ」「アシ時代ついてたやつ分かる」「甘い生活はヤンエグの教科書」だの訳の分からんこと云いあいながら(営業妨害w)一応新刊チェック。
 娘太丸先生がkiraraで描いててびっくり、新刊買っとけば良かった~

 帰ってから日日日の小説読み返したのですが、私好みというかやっぱり面白かった~
のばらセックス (講談社BOX)のばらセックス (講談社BOX)
(2011/11/02)
日日日

商品詳細を見る

 講談社BOXなのでラノベになるかどうか分かりませんが…
  1. 2012/04/30(月) 00:26:57|
  2. 着物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

袴直した

 前回川越で購入した夏袴を直しました。

 実は成田山に行く数日前にも袴を購入しまして連チャンで直す羽目に(汗)前回のは牛久?ひげ紬の行燈袴で同様の工程でした。他にも夏用の絽の羽織を2枚(リサイクルショップで1000円ほど)購入したのの先に裄出しもしました。

 ところで袴の寸法直しをしながら「電波女」見てました。いつもはPCで見るのですが。なんという中途半端な幕切れ…第二期まで待てないです。
 学園伝奇・アクションものなんかと違って青春群像もの?はある程度余裕をもって(2クールくらい)アニメ化しなくては難しいのかしら、「まどか」じゃないし。結局戦闘が必要か。
 たとえばギャルゲのアニメ化は京アニ等ががんばってくれたおかげで?攻略法は確立されていると思いますがキャラクター小説のジュブナイルなんかは30分アニメでは難しいのかしら。自分はあんまりアニメ見ないので事情はよく分かりませんが
 でもいっそペットボトルロケットのお話まで半クールで終わらせてもよかったのでは…と思ってみたり。原作者はキャラ設定ありきで短編やオムニバスものを書かせるといいけど、シリーズ物は中だるみするというか、自分で作ったキャラ設定を無視していくタイプだし。デビュー作の「みーまー」が突然館物ミステリーになったのは仕方ないでしょうが。原作もせいぜい6巻の学祭までで7、8は正直読むのが辛かった~設定や複線回収投げてしまったというべきでしょうか。ちなみにエリオを作った時は6巻までしか出ていませんでした。


 追記

 今日立川のアニメイトに行きましたが、平積みにしていた電波女の文庫本がシュリンクかけたまま段ボールに入れられていました。恐らく返品待ちかと…宴の後って悲しいものですね。で、この前立ち読みした「コミック・アライブ」と文庫を少々購入。「アライブ」は付録のブリキのラフ集目当てで。マリア先生のボツ表紙ラフがフィギュアノスクラッチの際自分が最初に考えていた構図にそっくりだったので(笑)結局修道服のインパクトを取ってカバー絵を立体化しましたが
  1. 2011/07/02(土) 03:09:21|
  2. 着物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成田山骨董市

 
 三か月ぶりに川越は成田山新勝寺の骨董市に行ってきました。

 毎月28日朝に成田山(初詣で有名な千葉の新勝寺の別院)の境内で骨董市を催っているのですが、五月は雨、四月はトレフェス(GKイベント)の追い込みで行けなかったため3ヶ月振りでした。以前は都内の骨董市(原宿の東郷神社や富岡八幡宮、新井薬師、有楽町の東京国際フォーラムetc)も行っていましたが今は毎月の川越だけ~毎回川越の奥の方?に住んでいる旧友と一緒に廻っています。
 今日も未明から早朝にかけ少し雨が降っていましたが、自分が着いた頃(午前九時過ぎ)には止んでいて相変わらずの盛況でしたね。

 ただ天気予報通り気温30℃超す猛暑で辛かった(泣)。一応単衣の時期(帯や袴、羽織は夏物も可)なので年配の五月蠅方に文句を言わぬよう?この前直した塩澤の単衣の白絣でも着てこようかと思っていましたが結局小千谷縮の白絣(上方では土用までが紗、それ以降は麻を着るらしい)を着て行って正解でした。もっとも暑さよりサングラスを持っていかなかったため日差しの方が辛かったのですが…

 今日の釣果は

 夏物の絽紬の袴(行燈袴。股が分れていないスカート状のもの) 1000円

 塩澤の藍絣の単着物 2000円

 能登上布の白絣着物 3000円

 結城縮の袴(馬乗袴。股が分れている本来の仕立て方) 4000円
 
 絹物の昼夜帯(ちゅうやおび。繻子裏の仕立て帯) 500円

 小物少々(扇子・羽織紐・なぜか絹用手縫い針)
 
 でした。
 
 ユニクロ価格ですね…僕が骨董市で着物を買い始めた頃(6~7年前)から比べると1/3~1/2位かも。もっとも大江戸骨董市(有楽町)等都内の市より大分相場は安いらしいですが~
 特に結城縮の袴なんて少し前だと都内では2~3万円ほどの品物なのに…結城紬は昔ながらの縮(結城お召ともいわれる。戦前はこちらが主流)は現代では一般的な平織りのものと比べて人気がないとはいえ、サイズも大きめ(前紐下丈90センチ以上。身長が170前半までなら)で馬乗りなのに4000円とは~業者さんは昔から知っている方だったので思わず初出しかと(うぶだし。業者市を通さずに直に仕入れること)聞いてみたり…
 着物と袴はすべて寸法直し(丈出し・裄出し)が必要なのでこれから着る夏物から手をつけようかと思っています。すべて単仕立てなので楽ですが(袷の着物や羽織と比べると)

 まず絽の行燈袴ですがスカート状だと歩きにくく(自転車にも乗れないし)裾さばきも悪いので股が分れるように仕立て直してから(後の股ぐり分だけ生地を切り抜いて前襠に当てて股を作る)前紐、後ろの腰板をはずしてから丈出しをします。骨董市だと行燈仕立ては馬乗り仕立てのものと比べてお買い得なので(恐らく居合道や弓道をやっている方が馬乗り袴ばかりを買うからでしょう。あとお茶やっている人とかも。行燈袴は業者さんが言うには、スカートにリメイクするつもりで買う女性が大半とかw)仕立て直しの面倒を知りながらもかまわず買っていますが…

 ところで本来は股が分れていた袴がなぜ分れていない行燈袴が多いのかよくわかりませんね。
 よく小用の便において(下世話ですみません)股が分れていない方が楽なため、正式な馬乗り袴に対して、普段使いやお洒落用には行燈仕立てが良いみたいにいわれていたみたいですが、なれればに馬乗りでも用は足せますし、着物の上にただ巻いている状態の袴では結局着流しと同様に歩かなくてはならないので袴を着けている状態としては不自然だし、階段の上り下りではかえって着流しより面倒と(普通着流しだと階段の上り下りの際には裾を踏まないよう着物の左襟下~褄をもつ。一方馬乗り袴をはいた時には左右の外側の襞を持てばよいのですが、行燈袴だと袴の上から着物の褄を持たなくてはならないので所作が美しくない)ほとんどメリットはないと思います。
 

 
  1. 2011/06/29(水) 01:19:23|
  2. 着物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ