ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

入巣蒔菜の組み立てについて

「グリザイア・シリーズ」より

 入巣蒔菜 1/7スケール
cFrontwing2010

この度はお買い上げ頂き誠にありがとうございます。
組み立てる際にパーツの不足、成型不良がないかご確認くださいませ。
キット製作時、ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。


     e-mail:chamberemielee@excite.co.jp
     
    twitter:@chambremielee(アマイミツノヘヤ)
 
・ この度はお買い上げ頂き誠にありがとうございます。
・ パーツが揃っているか、必ずご確認くださいませ。

パーツリスト(レジンパーツ)

1 胴体        11 右ツインテ2    21 左脚     
2 前髪1        12 右ツインテ3    22 右脚   
3 前髪2        13 右ツインテ4    23 制服リボン    
4 後髪        14 右ツインテリボン     
5 左ツインテ1     15 制服ブラウス     
6 左ツインテ2     16 左袖        
7 左ツインテ3     17 右袖    
8 左ツインテ4     18 左腕 
9 左ツインテリボン  19 右腕2 
10 右ツインテ1    20 スカート   

※合計パーツ数23


[組み立て]
 歪んでいるパーツがありましたら、お湯につけて(熱湯で数十秒程度)
形を整えてから水で冷やしてください。もとのかたちにもどります。。
 
各パーツに離型剤が付着していますので(離型剤はRCベルクのMR101をエアブラシで吹いて使用しています)、離型剤落としに漬け込むか、中性洗剤&クレンザーで洗い落としてください。
 
またレジンキットの製造上やむを得ず、パーツに気泡が入っている場合があります。
この際には瞬間接着剤やパテなどでうめてください。
@原型担当はパテ類は使わず、シアノン(白濁している瞬間接着剤。通常の透明な瞬着より粘り気があってレジンとの相性もいいです)とアルテコのスプレープライマー(瞬間接着剤用硬化促進剤)を使っています。シアノンの塗付には爪楊枝が便利です。
少し大きめのヒケにはレジンのランナーかすで対処できると思います。表面に細かな気泡が出ていたら再度洗浄、(歯ブラシを使って耐水ペーパーの削りかすや手垢等を落として)シアノンを塗付後整形して下さい。
肌パーツ以外かサフレスをあきらめる場合はサーフェイサーを塗付後ラッカーパテ等を
すりこむのも良いでしょう。

※後髪パーツの組み立ては慎重におこなって下さい。
 パーツの成形都合上変形している場合もございます。

[カラーレシピ]
基本塗装はラッカー塗料を使用、
展示品はオールサフレス仕上げです。
GNはガイアカラー、
Fはフィニッシャーズカラー
それ以外はクレオスのMr.カラーです。

フレッシュ:サフレスピンク(GN)+サフレスオレンジ(GN)+クリアー

※ピンクとオレンジのブレンド比は5:1~6:1くらいです。
 

髪:純色イエロー(GN)+ハーマンレッド+クリアオレンジ+純色シアン(GN)+クールホワイト+クリアー  

ブラウス:シャドウ色を先に吹いたあとクリアで薄めたホワイトを少しずつ吹いてグラデーションを付けます

     ※シャドウ色:純色シアン+純色ヴァイオレット(GN)+ブラック+ホワイト+クリアー

制服スカート:青・黒の2色、ともに

       純色シアン+純色ヴァイオレット+ブラック+ホワイト+クリアー、
       
       青部分は純色シアンを、
       黒部分はブラックを多めに混ぜます。
       それぞれ配合を変え、明暗2色容易してグラデーション吹きをします。

左ニーハイ:純色イエロー+ホワイト+クリアオレンジ、
      クリアオレンジを軽くシャドウ吹きします。


右ニーハイ:グレー・ピンクの2色。


      グレー:ブラック+ホワイト
      ピンク:純色マゼンタ(GN)+ブラック

  
      ※まずピンク部分を吹いてからマスキング後グレー部分を吹きます。


髪リボン:純色ヴァイオレット+純色シアン+ホワイト、

     縁のホワイト塗装後マスキングして吹きます。


制服リボン:ハーマンレッド+クリアオレンジ+純色シアン+ブラック、

      配合色を何色か用意して、薄い色から吹いて、細切りマスキングテープでマスキングして
      タータンチェックのように仕上げてやります。




顔メイクおよび睫毛、眉毛は田宮エナメルを使用、
頬チーク及びバストトップはパステルを使用しました。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/31(日) 09:27:14|
  2. グリザイア・シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風見一姫の組み立てについて

「グリザイアシリーズ」より

 風見一姫 1/7スケール

(c)Fontwing2010


この度はお買い上げ頂き誠にありがとうございます。
組み立てる際にパーツの不足、成型不良がないかご確認くださいませ。
キット製作時、ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。


・ この度はお買い上げ頂き誠にありがとうございます。
・ パーツが揃っているか、必ずご確認くださいませ。

パーツリスト(レジンパーツ)

1 顔×2   11 左脚  21 後髪8   
2 胴体    12 右脚  22 後髪9    
3 襟     13 前髪  23 後髪10    
4 リボン   14 前髪1 24 後髪11    
5 左袖    15 後髪2 25 後髪12    
6 右袖    16 後髪3 26 後髪13     
7 左腕    17 後髪4    
8 右腕    18 後髪5 
9 尻     19 後髪6 
10 スカート  20 後髪7


デカール(瞳)

kazuki1.jpg
kazuki2.jpg
kazuki2.jpg
kazuki3.jpg

[組み立て]
 歪んでいるパーツがありましたら、お湯につけて(熱湯で数十秒程度)
形を整えてから水で冷やしてください。もとのかたちにもどります。。
 
各パーツに離型剤が付着していますので
(離型剤はRCベルクのMR101をエアブラシで吹いて使用しています)、
離型剤落としに漬け込むか、中性洗剤&クレンザーで洗い落としてください。
 
またレジンキットの製造上やむを得ず、パーツに気泡が入っている場合があります。
この際には瞬間接着剤やパテなどでうめてください。
@原型担当はパテ類は使わず、シアノン(白濁している瞬間接着剤。
通常の透明な瞬着より粘り気があってレジンとの相性もいいです)と
アルテコのスプレープライマー(瞬間接着剤用硬化促進剤)を使っています。
シアノンの塗付には爪楊枝が便利です。
少し大きめのヒケにはレジンのランナーかすで対処できると思います。
表面に細かな気泡が出ていたら再度洗浄、
(歯ブラシを使って耐水ペーパーの削りかすや手垢等を落として)シアノンを塗付後整形して下さい。
肌パーツ以外かサフレスをあきらめる場合はサーフェイサーを塗付後ラッカーパテ等を
すりこむのも良いでしょう。

※後髪パーツの組み立ては慎重におこなって下さい。
 パーツの成形都合上変形しています。

 


[カラーレシピ]
基本とそうはラッカー塗料を使用、
展示品はオールサフレス仕上げです。
GNはガイアカラー、
Fはフィニッシャーズカラー
それ以外はクレオスのMr.カラーです。

フレッシュ:ディープサフレスピンク(GN)+ディープサフレスオレンジ(GN)+クリアー

※ピンクとオレンジのブレンド比は5:1?6:1くらいです。
 ディープサフレスピンク、オレンジとも、ガイアノーツのイベント限定カラーですが、
模型店などで販売されている
059 サフレスフレッシュピンク
060 サフレスフレッシュオレンジ
でも同じように塗装できます。(若干色が薄め)

髪:純色ヴァイオレット+純色シアン+ホワイト+ウィノーブラック(極少量)

※調色した塗料をクリアーで薄く延ばし
丁寧にグラデーションかけていきます。
下地にパールカラーを使っても面白いかもかもしれません。
作例ではハイライトにホワイト+パールホワイトを使用しています。

    

制服
表地:純色シアン(GN)+純色ヴァイオレット(GN)+ホワイト+ウィノーブラック

※明暗2色造ってグラデーションをつけてやります。

ブラウス
シャドウ色を調色後
ホワイトを吹き付けて調整してやります。

※シャドウ色:純色シアン+純色ヴァイオレット+ウィノーブラック+ホワイト+クリアー

大量のクリアで薄めてから丁寧に吹きつけていきます。

スカート裏地:ホワイト+純色シアン+ウィノーブラック

※裏地のシャリ感を出したいので
下地にシルバーを吹き付けてから
グラデーション塗装してやります。

蝶リボン:
ウィノーブラック+純色シアン+ホワイト(極少量)

※カラーを希釈後
ブラシ吹き前に面相筆で奥まった箇所に流し込んでやると
綺麗にグラデーションがつきます。

靴下:制服のブラウスなどと同様に塗装します。

ローファー:マホガニー+クリアオレンジ+ブラック

靴底はブラックを多めに調色してやると
メリハリがつくと思います。




顔メイクおよび睫毛、眉毛は田宮エナメルを使用、
頬チークはパステルを使用しました。

瞳デカールはデザインナイフなどで切り抜き、
現物合わせ、上睫毛にかかる部分は張ってから直にナイフで切除します。
白目に軽くマークセッターを塗っておいてから貼りました。
デカールはレーザープリンタで印刷しているので溶けませんが
クリアーを吹いて落ち着かせてからつや消しクリアーを塗布、
最後にエナメルのクリアーを瞳に落としています。

作例では白目はフレッシュ塗装時、マスキング、
田宮エナメルで上部(上睫毛付近)はシャドウ色を入れています。
※シャドウ色:クリアーブルー+ブラックをクリアーでのばしています。

眉毛はクリアレッド+パープル+ホワイト

睫毛はクリアレッド+ブラック、
    瞳付近は殆どブラック、
    両端はクリアレッドが多くなるようグラデーションを付けています。

頬の恥ずかし斜線はクリアレッド+クリアオレンジ+ホワイトを面相筆で描き込みました。
頬チークは粉にしたパステルを使用、
軽くつや消しクリアーを吹いてから
最後に頬ハイライトのホワイトを塗っています。
  1. 2016/07/29(金) 13:58:10|
  2. グリザイア・シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「小嶺幸」組み立てについて


「グリザイアシリーズ」より

 小嶺幸 1/7スケール

(c)Fontwing2010

パーツリスト

1 顔×2     11 右ツインテ3   21 左腕      31 後リボン2    
2 前髪1     12 右ツインテ4   22 右腕      32 お尻
3 前髪2     13 前髪ヘッドドレス 23 左腕フリル   33 左脚
4 後頭部     14 左髪飾り     24 右腕フリル   34 右脚
5 左ツインテ1  15 右髪飾り     25 左カフ     35 箒
6 左ツインテ2  16 左髪リボン    26 右カフ     36 箒柄
7 左ツインテ3  17 右髪リボン    27 左手
8 左ツインテ4  18 襟        28 右手
9 右ツインテ1  19 リボン      29 スカート
10 右ツインテ2  20 胴体       30 後リボン1




この度はお買い上げ頂き誠にありがとうございます。
組み立てる際にパーツの不足、成型不良がないかご確認くださいませ。
キット製作時、ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。

 
・ この度はお買い上げ頂き誠にありがとうございます。
・ パーツが揃っているか、必ずご確認くださいませ。

パーツリスト(レジンパーツ)





[組み立て]
 歪んでいるパーツがありましたら、お湯につけて(熱湯で数十秒程度)
形を整えてから水で冷やしてください。もとのかたちにもどります。。
 
各パーツに離型剤が付着していますので
(離型剤はRCベルクのMR101をエアブラシで吹いて使用しています)、
離型剤落としに漬け込むか、中性洗剤&クレンザーで洗い落としてください。
 
またレジンキットの製造上やむを得ず、パーツに気泡が入っている場合があります。
この際には瞬間接着剤やパテなどでうめてください。
@原型担当はパテ類は使わず、
シアノン(白濁している瞬間接着剤。通常の透明な瞬着より粘り気があってレジンとの相性もいいです)と
アルテコのスプレープライマー(瞬間接着剤用硬化促進剤)を使っています。
シアノンの塗付には爪楊枝が便利です。
少し大きめのヒケにはレジンのランナーかすで対処できると思います。
表面に細かな気泡が出ていたら再度洗浄、
(歯ブラシを使って耐水ペーパーの削りかすや手垢等を落として)シアノンを塗付後整形して下さい。
肌パーツ以外かサフレスをあきらめる場合は
サーフェイサーを塗付後ラッカーパテ等を
すりこむのも良いでしょう。


 


[カラーレシピ]
基本塗装はラッカー塗料を使用、
展示品はオールサフレス仕上げです。
GNはガイアカラー、
Fはフィニッシャーズカラー
それ以外はクレオスのMr.カラーです。
作例では下地にはサーフェイサーを使わず
メタルプライマーのみを吹き付けてから塗装しました。


フレッシュ:ディープサフレスピンク(GN)+ディープサフレスオレンジ(GN)+クリアー

※ピンクとオレンジのブレンド比は5:1?6:1くらいです。
 ディープサフレスピンク、オレンジとも、ガイアノーツのイベント限定カラーですが、
模型店などで販売されている
059 サフレスフレッシュピンク
060 サフレスフレッシュオレンジ
でも同じように塗装できます。(若干色が薄め)

髪:純色マゼンタ(GN)++ホワイト+クリアオレンジ(極少量)

※調色した塗料をクリアーで薄く延ばし
丁寧にグラデーションかけていきます。
作例ではハイライトにホワイト+パールホワイト+純色マゼンタを使用しています。

    

メイド服
表地:ウィノーブラック+純色ヴァイオレット+純色シアン+ホワイト

※明暗2色造ってグラデーションをつけてやります。

ブラウス
シャドウ色を調色後
ホワイトを吹き付けて調整してやります。

※シャドウ色:純色シアン+純色ヴァイオレット+ウィノーブラック+ホワイト+クリアー

大量のクリアで薄めてから丁寧に吹きつけていきます。


蝶リボン:レッド+クリアオレンジ+クリアー

髪リボン:ウィノーブラック+純色ヴァオレット+ホワイト

※カラーを希釈後
ブラシ吹き前に面相筆で奥まった箇所に流し込んでやると
綺麗にグラデーションがつきます。


靴:ブラック
靴底はつや消しクリアを吹いてメリハリをつけています。

箒:柄はクリアーを吹いています
  先はマホガニー+クリアオレンジ+ブラック
  をグラデーション吹き。





顔メイクおよび睫毛、眉毛は田宮エナメルを使用、
頬チークはパステルを使用しました。


作例では白目はフレッシュ塗装時、マスキング、
田宮エナメルで上部(上睫毛付近)はシャドウ色を入れています。
※シャドウ色:クリアーブルー+ブラックをクリアーでのばしています。

眉毛はクリアレッド+パープル+ホワイト

睫毛はクリアレッド+ブラック、
    瞳付近は殆どブラック、
    両端はクリアレッドが多くなるようグラデーションを付けています。

頬の恥ずかし斜線はクリアレッド+クリアオレンジ+ホワイトを面相筆で描き込みました。
頬チークは粉にしたパステルを使用、
軽くつや消しクリアーを吹いてから
最後に頬ハイライトのホワイトを塗っています。



  1. 2016/07/25(月) 00:24:02|
  2. グリザイア・シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0