ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

ガイゲ

金糸雀のポーズがイマイチ決まらないので、先にヴァイオリンを造っています。
ヴァイオリン

※ガイゲ(Geige)はドイツ語でヴァイオリンのこと、
イタリア語由来のヴィオリーネ(Violine)という単語もあります。
旧アニメの各話タイトルは独語だったので、なんとなくです。

ガイゲの語源ですが、いくつか説があるみたいです。

1:ドイツ語の“羊の足(geige)”と形状が似ていたため
2:ドイツ語の動詞“手で提げる(geigen)”の派生語。

現代ではもっぱらヴァイオリンという意味でしか使っていないみたいですね。
1・2のどちらも舞曲のジーグの語源かも?という説もあるみたいでよく分からんのです。


不思議なのはGeigeもViolineも女性名詞という点、
イタリア語のviolinoもフランス語のviolonも男性名詞なんです。

まあイタリア語とフランス語で同じ語源ながら性が異なる単語はほかにもあるのですが…

ex)frutta(伊/f)/ fruit(仏/m)…果物


ちなみにイタリア語のviolino(ヴィオリーノ)はviola(ヴィオラ)+~ono(指小辞)、
この場合のviolaは現代のヴァイオリン属のヴィオラではなく、古楽器のヴィオラです。
私はともすれば華美すぎるヴァオリンの音より、いぶし銀のようなヴィオラ(ヴィオラ・ダ・ガンバ、バス・ド・ヴィオール)の方が好きなのです↓
viole.jpg
※こっちがヴィオール。ヴァイオリン属は5度調弦ですが、ヴィオール属は4度調弦、フランスの一部の楽器には第7弦を足したものがあるので3オクターブ半という広大な音域をもちます。
他のヴァイオリンとの相違点は:
裏板が平ら。
弦の数が多い。
なで型。
f孔よりc孔が一般的。
弓の持ち方が違う。
等です。


逆に語末に増大辞の~oneがついた楽器、violone(ヴィオローネ)という楽器もありまして、
現代のコントラバスのご先祖様です。



話を戻します。

カナの原型ですが、当ディーラーのGKとしてはかなり大型です。

毎度のことながら小道具のヴァイオリンから原型の大きさを決めました。

標準サイズのヴァイオリンの1/10までならどうにか造れそう…というわけです。

※ヴァイオリンのサイズ(この場合はボディ長)は300年以上前に決まっていまして、
それ以下のサイズは子供用の、特殊なサイズになります。

“決めた”楽器職人というのはかのアントニオ・ストラディヴァリです。
師匠のニコラ・アマティの楽器がボディ長が352mm前後だったのを3mmのばして、
355mmにした…ということらしいです。

ヴァイオリンは図書館で借りた実寸大図面を縮小コピーしたものを元に造ります。

中は空洞にしたいので表板と裏板に分ける予定です。
ヴァイオリンはギターと違ってf孔をのぞかなくては中は観れないけどww
補強用の力板等は実物同様付けると思いますが、魂柱(表板の振動を裏板に伝えるための棒)はいらないよね…

あと以外に弓の資料がなくて困っています。
19C前半にトゥルトというフランスの職人が確立した現代のスタイルでいいのですが、
少し短くした方がいいかも…

ヴァイオリンの話をするとキリがないので閑話休題。

で持たせてみた。

ヴァイオリンのサイズは変える必要はなさそうなので一安心…
演奏しているポーズは意外に難しいです。
燕尾服を着た成人男性の方が楽なはず。

肉付けは(合法的なw)洋栽テキスト・ファッション誌を見ながら行います。
5歳児までの足の肉付きって芸術…(以下自重)

こんな感じで造り始めました。

週末までには上着を造れればいいですね。

10月TFまでもう40日切ったのでこれから一日一日着実に成果を上げていかなければならないのです。

carpe diem~その日の花を摘め~…というくらいの気持ちでいきます。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/11(水) 20:33:26|
  2. ローゼン・メイデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉付け…


金糸雀の肉付けしています。
DSC_8895.jpg

顔はまだダミー並みに粗いのですが、一応つけてみた。
まだ焼いていません。
今日は体調が悪くあまり作業が出来なかったorz

ダミーでもヴァイオリン持たせなくちゃ上半身が決まらない…
ヴァイオリンもボディだけじゃなくて指板までつけたものを用意して両腕の角度調整が必要かと。

時間はないですが、焦らず丁寧に作業しなくては後々大変になるのは分かっているので頑張ります。
  1. 2013/09/11(水) 00:50:08|
  2. ローゼン・メイデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな感じかしら。


今日から金糸雀造り始めました。

マテリアルは毎回同様スカルピー、まずは芯になるブロックを造って焼きます。

顔は別に造ります。
レジンキャスト製の台にスカルピーを盛ってから顔の輪郭を決め、スパチュラを使って整えていきます。
以前はスパチュラでかなり細部まで造りこんでから焼いていましたが、
最近はかなりおおざっぱな状態で一旦焼いています。
DSC_8891.jpg
ここまでの作業で2時間弱でしょうか。
顔の表情は六割程度?の状態で耳や後頭部をつけるためのダボ、首の付け根などを造ります。
明後日までには前髪を造る予定です。

DSC_8892.jpg
自作したキャスト製作業台です。
イベントデビューからずっと使っています。
今回のカナはかなり頭が大きいのですが、1/6サイズまでなら作れそうですね。

とりあえずアルミ線で繋げてみました。
DSC_8893.jpg

もう少し頭身を縮めた方がカナっぽい気もしますが、
ヴァイオリンを持たせてカッチリポーズをとらせるのでこれくらいの方が良いのかもしれません。
服を着せると意外にコロコロ(失礼w)になると思いますし。
  1. 2013/09/10(火) 00:10:12|
  2. ローゼン・メイデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金糸雀造ります。

 現在製作している「鎌月鈴乃」の造形が今週中に一通り終わりそうなので、来週から金糸雀造り始めます。

 ポーズは悩みました。

 金糸雀のエモノといえば日傘かヴァイオリンですね。
 カナは上目づかいが可愛いドールなので日傘差して見上げているポーズも考えましたが…

 日傘をさしているのはGK・PVCがあるのでヴァイオリンを演奏している作品を造ります。
 半眼で少し物憂げに演奏しているカナっていいと思いませんか?↓

DSC_8885.jpg
YJ版4巻より。
うーん小さい。
下半身はつい片方に重心もってきたくなりますが、ヴァイオリンという楽器は2本の足でしっかり大地に立たなくては演奏できないのです…

このコマを良く見ると鎖骨に対して垂直に近い角度でヴァイオリンを持っていますね。
顎当てや肩あてが発明される以前の、バロックヴァイオリンの持ち方みたいです。

※19世紀以降のいわゆるモダンヴァイオリンだと鎖骨と下顎で楽器のお尻を挟むように固定するので少し外側に傾きます。

演奏する姿勢もバロック/モダンで変わってくるのでその辺も考慮しつつポーズを決めたいと思います。

DSC_8884.jpg
表情はこんな感じかしら。
表情差分で目を閉じている顔入れようかと。
パッチリと目をあけている原型を作ってから複製後改修しようかと思っています。

フリルとか派手に舞わせたくなりますが、ふんわり浮かんでいる…くらいが良さそうですね。

本当はこっちの方が楽なんですがね~↓
DSC_8886.jpg
派手なポーズの方が楽なんです。
ごまかし効きますし…

そーいやこのポーズ、今週の放送でそのまま使っていましたね。
PVC出るかも…カナだけど。

金糸雀の資料を集めて改めて感じたのですが…

他のドールもなんですが、桃種先生のキャラデザは本当に凄いと思う。

女性だからなのかもしれませんが、変に媚てないところも◎

カナの衣裳って18世紀の、所謂トルコ趣味が入っているような気がしますね。
キュロットというよりはダボダボなズボンやゆったりした上着が特に。

旧アニメ版のキャラデザは結構省略があったのですが(悪く云うつもりはありませんが)
来年のWFには2013年現在のクオリティでキットが出ると良いですね。


 そんな訳で早速図書館でヴァイオリンの図鑑(事典?)を借りてきました。
 自分は一応クラシック音楽鑑賞(バロック音楽以前の古楽メイン)を趣味としているので少しはヴァイオリンについて知っていたつもりでしたが、色々読んでて勉強になりました。

楽器の事典 ヴァイオリン楽器の事典 ヴァイオリン
(1993/01)
不明

商品詳細を見る


ヴァイオリンをつくる (新技法シリーズ)ヴァイオリンをつくる (新技法シリーズ)
(1989/02)
川上 昭一郎

商品詳細を見る


ヴァイオリンの名器ヴァイオリンの名器
(1980/06/01)
フランツ・ファルガ

商品詳細を見る


まるごとヴァイオリンの本まるごとヴァイオリンの本
(2012/05/20)
石田 朋也

商品詳細を見る


※随分久しぶりに図書館を利用しましたが、利用システムが変わっていてびっくりしました。
自分が小学生の頃は2週間3冊までだったのが、3週間6冊に変わったのは覚えていたのですが、
今は10冊までに…
自治体にもよると思いますが、活字離れが本当に恐ろしい…

御昼頃でも児童書のコーナーでお子さん&若いお母さんが全然いない。

電撃文庫みたいなラノベも結構入っている図書館もありますし、若い人も利用して欲しい。
おっさんの立場からすると漫画みたいな本でも読書するきっかけになれば…と思うのです。

自分も10月神戸TFが終わったら秋の夜長はお金をかけずに読書…

“読書というのは絶対的な孤独であって孤独ではない…”なんてことを云っていた小説家(M.プルースト)もいましたが、畢竟その通り…

(大プルーストの評論集は激お薦め。自分は今読むと少し作者の若気の至り感?を感じるけど心が洗われます↓)

プルースト評論選〈1〉文学篇 (ちくま文庫)プルースト評論選〈1〉文学篇 (ちくま文庫)
(2002/10)
マルセル プルースト

商品詳細を見る

プルースト評論選〈2〉芸術篇 (ちくま文庫)プルースト評論選〈2〉芸術篇 (ちくま文庫)
(2002/11)
マルセル プルースト

商品詳細を見る


ソーシャルゲームやLINEを悪く云うつもりはありませんが、文庫本が一冊あれば“孤独”の扱いが変わるのでは…と思うのですよ。
何冊かの良書は一生の財産になるはずですし、人生の、ある一時期にしか読めない本もあるので。


話を戻します。


顎当てはいるけど肩あては省略、指板はバロックヴァイオリン並みに短くした方が可愛いかも…
とかどうでもよさそうなことばかり考えています~
ヴァイオリン本体もスカルピーメインで造るよ。

 
 造詣コンセプトは…オートマトンぽく、です。

 オートマトンとは自動人形のこと、最も一般的なのは19世紀のフランスで造られたオルゴールが内蔵された自動演奏人形ですね。

 もちろんそのまま参考にはできませんが、イメージソースとしては良さそうかな、と思っています。
 まるで活きているようだけど、あくまで人形…という感じで演奏している場面を静かに切り取ったような造形が理想ですね…
 自分で云うてるだけなのですが、ハードル高いよ…

こっちもビスクドールや球体関節人形の資料を探しています。
ボディや頭身の参考に、あとイメージを固めるために役に立つかと思っています。

 今まで造ったことのないお人形体型(4.5頭身w)といい、初めての事ばかりですが頑張って造ります。
女の子のスイートな服 (レディブティックシリーズ3172)女の子のスイートな服 (レディブティックシリーズ3172)
(2011/02/15)
不明

商品詳細を見る


ほんのりsweet女の子の服 (Heart Warming Life Series)ほんのりsweet女の子の服 (Heart Warming Life Series)
(2011/03/30)
荒木由紀

商品詳細を見る


ついでに洋裁の本も借りてきた…
中学生くらいまでを対象としたファッション誌も使えそうなのですが、
買うのが恥ずかしくて~ではなくてケチなので図書館で借りてきましたww


 イメージが固まれば…あとは造るだけ~


 次は銀ちゃん作りたいよ~

原作ver.の先行キットよりデコラティフな衣装で、羽根も思いっきりこだわったやつとか…

結末はどうなるか分かりませんが、
鞄を持ちながらゆっくり歩きながら振り返っているポーズなんかいいかな…
(真紅の絆パンチ食らった後の)”ホームレス銀ちゃん”“野良ドール”なんていわないで。

作るのに凄く時間がかかりそうなので(羽根とか気合い入れるとorz)現実性は低いのですが…
  1. 2013/09/06(金) 00:40:09|
  2. ローゼン・メイデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0