ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

漸く服着せ…

 先月下旬から作り始めた鎌月さんですが、漸く服着せに入りました。
 本当は先月中に服着せに入りたかったのですが、
 気分転換に先行の「夜々」を弄っていたので少し遅くなりました。

 今までの工程を大まかに整理すると…

1)ヌード素体造り…胸部・臀部ブロックおよび両手足をアルミ線で繋げて肉付けします。
 
 ※このときポーズに違和感がないか何度もチェックします。今回はなかなかイメージがまとまらず大変でした。 

2)顔づくり…専用の台にスカルピーの固まりを盛ってからスパチュラで造ります。
      
 ※今回はある程度造っていた顔を焼く前に壊してしまいました。
  結局造り直した顔は輪郭に大まかな目のくぼみを入れた程度で焼いたものを
  盛って削って…を何度か繰り返して造りました。
  結局ほとんどポリパテ造形と変わらない作り方になりました。

3)胴体と顔を繋げます。
  繋げてから耳・耳の裏や僧帽筋等を調整します。
  PVCなんかでは頭と首が別パーツになっているものが多いのですが、
  自分は首まで一体化していないと造りづらい(というより気持ち悪いw)ので
  この作業は結構大事ですね。
  後頭部も別パーツにするのでダボも造ります。

4)前髪を造ります。
  前髪の造り方は以前掲載したのと同様のやり方です。
  自分は一回焼いただけで造れないので何回も盛って削ってを繰り返しています。
  前髪を造る頃になると顔のイメージもはっきりするのでテンソンの神が降りてきます~

5)両手を造ります。
  指などは細く折れやすいので、前髪同様少し長めに焼きます。

6)頭・両手足を分割します。
  このときダボも造ります。
  スカルピーをイモ付けしただけだともろいので必ずアルミ線を芯にしています。


 こんなところでしょう。
 
 実は下半身のパーツ分割をまだ悩んでいるのです↓

 1)足首を除き下半身はほとんど無垢。
 2)スカート同様に分割:お尻・両足、着物はおはしょり以下で分割。
   裾のすぼまりを再現するためお尻は両脚接着後、上から入れます。

 シリコン型代や組み立てやすさを考えると1)のプランに、
 キャスト代や下着などの再現を考えると2)のプランになりますね。

 一層のこと本申請通過後に答えを出そうかしら。


 閑話休題

 金糸雀のポーズ、まだ悩んでいます。
 
お子様体型って難しい…
 日傘持って上目づかい(原作コミックで多いコマ)や
バイオリンで闘っているところのどちらかでいいかな~と思っていたのですが、
炉体型だとイマイチ動作が分かりづらくなりそうなのが怖いのです。

 正直申し上げると、普通の美少女頭身でも全く違和感がない長女(水銀燈)の方が造り易いかもです。

 鈴乃は1週間以内に本申請画像レベルにするのでもうそろそろ決めないとマズイかしら~
 
  
    
スポンサーサイト
  1. 2013/09/04(水) 00:26:15|
  2. はたらく魔王様!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィーグラ・セルペンティナータ

鈴乃さん造っています。

一気に造ったヌード素体…あからさまにおかしいですね。
凄―く恥ずかしいのです。
実質3日ほどの作業、しかも殆ど資料を見ないで造るとこんなものです。
DSC_8874.jpg

なんというかよく云うと後期ゴシック彫刻ぽい裸体です。
上半身は大分小さめで下腹部は長い…おへそが少し上にあると初期フランドル絵画(ファン・アイクなど)??
北方ルネサンス??(クラナッハなど)↓
lucas-cranach-louvre.jpg
クラナッハ父の三美神です。
好きな人も多いはず。

albrecht-altdorfer-badeszene.jpg
アルプレヒト・アルトドルファーのフレスコ画です。
昔旅行で実物を観ました。
模写したのも懐かしい思い出です。


パッと見で「おかしい」と思っても修正点が見いだすのが意外に難しいのが、立体。
今日びいくらでも携帯でも写真が撮れるので、一度平面にしてからチェックします。

※フィギュアのような小さいものを造っていると、妙なパースがついて見えたり、左右不対象になったりしやすいのです。
単純に対象を両目で見ているからですね。
自分は顔の輪郭を決める瞬間は片目つぶりながら作業しています…


先ずポーズの不自然なところをチェックします。
このとき自分で原型の同様のポーズを取ってみると分かりやすいです。
下着姿で姿見鏡の前に立って確認しましたorz


◦左脚に重心をかけているので背骨は若干左側に曲っているはず…
 原型を5分ほど温めると簡単にナイフで切れます。
 あらかじめ極細マジックで書いておいたラインにしたがってズバッと切りますww

 ※美術ネタをもう一つ…
 
 重心を片足にかけたクネクネポーズをイタリアでは「フィーグラ・セルペンティナータ」と云います。
 フィーグラはフィギュアと同じ語源なので“像”、セルペンティナータは“蛇のように(曲がりくねった)”でいいのかしら…
parmigianino01.jpg
イタリアマニエリスモの画家、パルミジャニーノの聖母子像。
世界史の教科書に載っているほどの有名な絵ですね。
ところでパルミジャニーノ?パルミジャーノ?
前者が正解だったと思うのですが、ぐぐる先生検索だと後者の方がヒットしやすいのです。
チーズぢゃないのにorz
パルミジャニーノはニックネーム、語末の指小辞が分かりづらいのは理解出来ますが

izumigazou.jpg

アングルの泉です。
こっちは均整のとれた新古典主義。
美少女フィギュア造っている人はアングル御大を崇め奉らなくてはならないと思う…
齢80越えて「トルコ風呂」を描いているなんて…なんという性欲もとい製作慾~

 古典主義絵画彫刻でも定番の、美しいポーズではありますが、マニエリスム絵画や彫刻なんかでは、意識的に(不自然なほどに)強調されていることが多いです。

 
 上半身・下半身両方の断面にリキッドスカルピーを塗ってから、薄く伸ばしたスカルピーを盛ります。
 アルミ線が通っていたのでそのまま使います。
 このとき上下方向だけでなく左右の背骨のねじれも意識します。

 両脚、特にすねのカーブがおかしいです。
 曲げたい方向の反対側に軽くナイフで切れ込みを入れ、リキッドスカルピー・スカルピーをパテ替わりに充填します。
 もちろんそのままでは不自然なので、一度硬化させてから、スカルピーを持って手直しします。

 乳房・肋骨のラインがおかしいです。
 前から気付いていましたが、どうやら、上方向にまとまりすぎていたようです。
 
 鎖骨のラインを見ながら乳房上部を削ります。
 
 鈴乃さんは恵美と同じくらいにささやかな体型らしいですが、大人の女性なので最低限乳腺はあるはず…
 着物の帯と襟である程度抑えれていることも意識しつつ盛っていきます。
 と云いながら、ブラによる矯正はまだしも、抑えつけまで考えると複雑になるので、普通の盛り方ですね。
 バストトップをしっかり意識しながら、アンダーのラインを決めていきます。
 
 肋骨のラインも少し下げます。
 上半身は少し小さめに造るのが最近のトレンドなのでは…と思って意識して意識的に小さく造っていたのですが、失敗しましたね~
 脇の下(肋骨の両側)も不自然に狭いので少し広めにします。
DSC_8873.jpg

 
 以上の点を修正後一回焼いたのがこちら

 少しマシになりましたが、まだおかしいですね。
 腰のラインは幾分よくなったけど、胴長のまま??
 あとベルは小柄なはずなのに妙に頭身が高い…等々。

 
 まだ外科手術が必要みたいです。
 着衣なので細部まで仕上げる必要はないのですが、ヌード素体段階で要所をしっかり固めていないと、大変なのです。
  1. 2013/08/28(水) 17:48:17|
  2. はたらく魔王様!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

着物の寸法…ちょっと妄想してみる。

ベルが着ているのはかなりリアルな着物だと思うので、着物の寸法を少し妄想してみます。

ドール用の着物を仕立てるわけではないのであくまでお遊びです。

原型担当は昔着物の仕立てで口に糊をしていたこともあって、和服には少々うるさいのです。
普段着ている着物(もちろん男物)も自分で仕立て・リサイズしています。
6_suzuno.png

まずは恒例の?プロポーションを脳内設定…

身長153cm、3サイズは上から79、56、81ということにします。

着物の寸法は1/8サイズのものを仕立てるわけではないので細部は適当にまとめます。
現在は尺貫法よりメートル法に慣れているので後者を用います。
EHIME_14_6_1_3_0_1.jpg
syo6no10.jpg
(アニメ版のキャラ紹介イラスト。これを見ながら頭身を確認します。帯締・帯揚げは原画担当違いでいくつかパターンがあります)

着丈:153cm
肩山から裾までの寸法なのですが、実際の女物の場合は衣紋を抜いていることが多いので出来上がり寸法は変わってしまいます(繰越揚げ。後身頃の、帯に隠れる辺りに生地を縫い込みます)

※衣紋を抜く目安は着る人の年齢によってかわります。
10代の娘さんは割と少なめで、成長するごとに徐々に襟の抜きは大きくなります。
40代の、いわゆる「女盛り」※(“おんなさかり”決して“もり”と呼ばないようww古い日本語ですね)を頂点にして、荘年から老年に向かってまた少なくしていきます。

浴衣はカジュアルウェアなのであまり厳格なことは云われませんが、着物の場合は結構うるさく言われることがありますね。

女ものの着丈は単純でして、着丈≒身長です。

計算法は身長-顔の長さ-くるぶし以下の足首の長さ+おはしょり分=着丈。

顔と足首の長さを24cmとしておはしょりを24cmとればいいという計算です。
おはしょりを12cmもつまむというのは少し贅沢でもありますが(仕立て教本では7cm~12cm)生地に余裕がある場合はこれ位で仕立てます。

※男物はおはしょりを造らないので

着丈=身長-顔と足首の長さ

になります。

引く分は合計で27cmくらいなので、例えば自分の場合は

身長(178cm)-27cm=151cm

となります。


裄:64cm
実際は首の付け根の、骨がでっぱったところから手首の骨のでっぱり(手首のくるぶし?)までを体の起伏に合わせながら巻尺で測ります。
鈴乃さんの体型だと64cmくらいでしょうか。

ちなみに@原型担当の場合は70cm以上欲しい…
反物の幅は1尺前後(鯨尺。36~37)なので縫い代はぎりぎりしか取れないのですorz


袖丈:44cm
大体42cm~60cmくらいが女物の袖丈です。
大正から昭和初期は普段着でもかなり長めでした。(65~70cmくらい。
最近も懐古調というのか少し長めの仕立てが流行ったりしていますね。
日中戦争が激しくなった頃から「贅沢は敵だ」という標語も生まれ、長い袖の着物を着ていると
非国民の扱いを受けるようになりました。
男性は筒袖、女性は元禄袖が推奨されました…)

普段着より格が高くなるにしたがって長くなるのがセオリーです。

※普段着(紬、小紋など)→つけ下げ・色無地→訪問着→色留袖→黒留袖

 小振袖→中振袖→大振袖
 
 フォーマルながら喪服は短めにします。

男ものは普段着も礼装もあまり変わりません。
現在では50cm前後でしょうか。
女性同様、昭和初期ごろは長めでした(55cmくらいまで)


鈴乃さんの体型や普段着ということを考えると45cm以下の丈になりそうです。

身幅:28~29cm
前身頃は袵がつくので、通常「身幅」といった場合は後身頃を指します。
小柄で痩せているので29cmくらいで良さそうです。


ついでに着物の柄や素材について考えてみます。

かまわぬ:
所謂役者文様、「鎌輪ぬ」ですね。
普通は男性ものの浴衣や手ぬぐいに用います。
21161815.jpg
(初めて魔王城に聖法気うどんを届けたところ。みきてぃの手紙をしまう仕草は凝ってました)

原作では「着物」ではなく「浴衣」と書かれていました。
「浴衣といいながら長襦袢着ていて足袋もはいているので着物なのでは?」という意見もありましたが、浴衣を着物のように着てはならないという法律はないのでOKかと。

ちなみに
現代の浴衣の定義は…浴衣地(木綿)で仕立てた単衣の着物です。
何回も水洗いをすることを前提に仕立てる着物なので、絹の薄物よりざっくり・簡略化して仕立てます。
平安時代に貴人が湯浴みの際に着用した湯帷子がルーツ…云々の説明はWikipediaに任せます。


木綿は安土桃山時代に南蛮貿易によって本朝にもたらされました。
当初は輸入のみだったので超高級品、当時の更紗は名物裂(きれ)とされ、茶道の世界では今でも珍重されています。

更紗は非常に繊細な多色擦りでしたが、着物の染めとしては非常に色落ちしやすく、当時の染色法(=草木染め)は蓼藍を使った藍染めしかできませんでした。

暫くしてから着物地に使われるようになりますが、まだ絹より高級、江戸と京都の豪商の着物勝負なんかは有名ですね。


江戸も中期以降になりますと、全国各地に木綿栽培が普及してようやく一般的になります。
(当時の農民は副業として養蚕は行なっていましたが着ることは原則許されませんでした。
大麻や藤布など粗末な着物が一張羅。布自体が貴重だったので褌のレンタル業なんかもありました。)

※反対に絹は非常に染め易い素材です。天然素材では動物繊維(羊毛、カシミア、アルパカなど…毛皮をふくめ)のほうが植物繊維(麻や木綿)より染め易いです。


明治時代になると西欧から化学染料がもたらされ、さまざまな色に染めることが出来るようになりました。
昭和初期まで庶民のお洒落着というと化学染料染めの派手な浴衣や銘仙(機械織りの安価な紬の一種)でした。


浴衣と聞くと(古い世代が)藍染めの浴衣地を思い浮かべるのはそんな理由、デニムも木綿素材なのでインディゴ(藍染め)ですね。
藍染めの浴衣…というと温泉宿のイメージが強いのですが、大正から昭和初期にかけ大胆な大柄の浴衣地も染められました。


流水柄は…
作品の季節を考えると生地は絽や紗の絹の薄物。
たぶん型染め。
自分は夏用の帯で同様の柄のものを持っています。
胴に巻いている部分では折っているところからすり切れて、汗染みもひどかったので男ものの角帯に仕立て直しました。
1369315403782.jpg
(“suika”つくってどや~のシーンですな。僕はキメ顔でそう言った…
アニメでは一番可愛い鈴乃さんだと思う)

長襦袢は…
現代では薄ピンク色っぽい単仕立てが一般的ですね。
振袖用なんかも同様なのはどうかと思いますが。(織りは綸子や紋縮緬がポピュラー)

妙なピンク色はおそらく洋服のランジェリーの影響だと思いますが、
やっぱり紅絹の長襦袢じゃなくちゃ萌えねー。
昔は着物の胴裏や袖裏も全て紅絹を使っていました。

作品の季節は夏なので長襦袢は麻の白無地が最も自然ですね。
絽の正絹生地も考えられますが、盛夏は汗でべったりと張り付いて不快なんですよね。
自分は単衣の時期(六月と九月)でも暑い日は麻の長襦袢を着ています。
単衣の時期は帯や半襟、袴等は部分的に薄物にすることがあるし、NGではないかと。

尚上方なんかでは着物地は土用を過ぎた頃から絹の薄物から麻にするそうですね。

帯は…
綿紬を染めた名古屋帯(or袋名古屋帯)でしょうか?
名古屋帯というのはおたいこ結び専用の、軽量帯です。
より本格的な袋帯は胴に巻く部分は半分に折って使いますが、名古屋帯はおたいこ部分だけ袋帯と同じ幅(八寸)、胴に二回巻く部分は半幅(四寸)になっています。

浴衣によく用いられる帯に半幅帯というのがあります。
これはすべてが袋帯の半分の幅のもので、文庫結び(男性の袴下帯の一文字結びと同様)が古典的でしょうか。
個人的には単の献上柄を貝の口結びをするのとか好きなのですが。

小物は…
帯締は丸組、帯揚は無地の縮緬、足袋は白の綿キャラコの3枚こはぜ…が良さそうですね。
長襦袢に縫い付ける半襟は絽縮緬だと格が高すぎるので、白の平織りの絽。


着付け:
年寄りの物云いで恐縮ですが…現実では少々“残念な”女性が多いのは残念。

自分は似合っていたらどんなものを着ててもかまわない…と思っているのですが、
だらしなく見えるようならせっかくのお洒落が台無し。

若い人は経験も浅いのは仕方ないですが、ちゃんと仕立てた着物を丁寧に着るとそんなにひどい着崩れはおきません。

浴衣の場合は腰紐1本、伊達締1本あれば大丈夫なはず…

努力の向う先をかなり間違えているような…

※花火大会に浴衣を着ていくのがトレンド(死語w)なら中学校で浴衣の縫い方くらい教えてあげた方がいいのでは~と思っています。
(残念ながら自分の母の娘時代から浴衣の縫い方は教えなくなっていたそうです。)
ちょっとした裁縫道具を用意するだけで一日でぬえるようになります。

流石に大昔みたいに家庭で洗い張り、仕立て直しは難しいと思いますが、
(現代日本では洗い張り後に使う布海苔はほぼ絶滅)
時代に逆行するようなことを云うと、着物文化って専業主婦がいたからこそ成立する文化でした。
大抵の過程では晴れ着のみ百貨店や呉服店で仕立てさせていましたが、
普段着のほとんどはお母さんが縫っていました。



偉そうなことを云うとある程度仕立てに知識がないと美しく着れないのでは…と思います。
自分の体型や好みを加味して理想の着物に仕上げていく…というのが理想ですね。
料理と同様です。

お洒落って本当はある程度決められたルールのなかでどれだけ個性を出せるかが勝負だと思っています。
昔のお洒落なんかはパッと見殆ど同じ服を着ている中で勝負していました。
たとえば男性の普段着なら
夏は白絣にカンカン帽、冬は申し合わせたように泥大島…
という時代もありましたが、その一枚一枚が多種多様だったわけです。
女性も縞の御召に柄半襟…が当たり前の時代が一番お洒落だったのかもしれません。

若い時分はデザインが可愛いとか綺麗という感覚が先走ってしまいがちですが、自分に似合うかどうかが最も重要な判断基準、
個性というのも経験を積んで自分をいかに見せるかということなので“教養”の一つかと思っています。

 少し脱線したので着付けの話に戻します。


少々の着崩れは必ずおきます。
気崩れが全く起こさせない着付けは拘束具と同様…
少し着崩れたら、その都度直せば良い…という位に余裕をもたせた着方が出来れば一人前。

男物は女性と比べて平面的に構成されたやろーの体に重ねるものなのでww着崩れしやすいです。
女性と比べると単純ながらかえ
って難しいといわれるのはそんな理由なのでしょう。


かといって着物雑誌や成人式の振り袖などいかにも業者さんに着付てもらったようなのもNG。
着物姿が美しく見えるようにウェストにタオルを巻いたり、胸部を圧迫させたりする矯正は不自然にしか見えません。

袵の裾の角が少しだけ上がっている状態が小奇麗に見られるので、おはしょりは脇から袵にかけて徐々に大きめにとっていくのが自然です。(着付け教室の“正しい”着付けでは真一文字w)

襞の処理も両脇少々であとは背中…という方が自然で美しいと思います。
ちょっとでも皺が寄るのが許せない…ということで乳房を締め付けたり、腰にタオルを巻いたり…
成人式でそんな経験をした女性は多いかと。



あと着物は“腰(お腹)で着る”ものです。
男性はイメージしやすいと思いますが、女性も同様です。
帯が軽く骨盤のでっぱり(水着フィギュアでは重要なフェチww)に掛かるくらいが良いかと。

少し胸とお腹を突き出すような姿勢が美しく、若干内股・小股気味に歩くのがいいですね…
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花…というやつですね。

男性もあまりガニ股にならないよう、左右の足がほぼ平行になるように歩くのが良いかと…
着流しだとそうしないとえらく歩きにくいです。
勿論浴衣でも同様、下駄の歯が均一に減っていくようになったら一人前です。



こんな具合で散々妄想したので早速製作に戻ります~
  1. 2013/08/20(火) 11:19:17|
  2. はたらく魔王様!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

次の新作…

10月神戸TF向け新作「夜々」の本申請も終わったので、次の新作を造り始めました。

予告通り“はたらく魔王様!”より鎌月鈴乃こと「クレスティア・ベル」です。

最新刊では真奥と随分いい雰囲気になっていましたね~
ちーちゃん、エミリア不在をいいことに…流石ヒロイン最年長w

シャバでは“じぇじぇ”?が流行語のようですが、海女さんスタイルは諦めますww
普通の水着は絶対w○ve辺りでPVCが出るはず。


「夜々」は動きのある造形でしたが、今回はかなりおとなしめの造形ですね。
前作同様和服を着ていますが、今回は正統派の着こなし、地味なポーズでいかにリアリティを追求できるかがテーマになりそうです。

ちょっと造形コンセプトをまとめてみます。

◦オーソドックスな立ちポーズ。
ポーズは厭味にならない程度に。
シンプルな和服姿なので、皺などは丁寧に。

◦顔は表情差分をつけたい。

◦紙袋などの小物も付属。

◦着物の柄はデカールで再現。
 紙袋のプリントも必要?

◦下半身の分割どうしよう?

◦出来れば業務用おうどん段ボールも用意したい。

スケールは夜々と同じく1/8ですが、ほとんど素立ちなので少しだけ小さめに造ります。
夜々はかなりかがんだポーズだったので、同じサイズで造ると大きくなりすぎるのです。
顔差分と着物の柄2種分のデカールをつけたいです。

本当はうるしふぇるのディフォフルメフィギュアもつけたいのですが、無理そう。
ノートPCやらBocckyの箱やら押入れやら造りたくなるので。
そーなれば別にキットを用意した方が良さそうですね。

先ずは素体造りです。

両手両足、上半身、臀部を適当なブロックにして焼きます。

アルミ線で繋げます。
腰からお尻にかけての流れるようなラインは重要…
和服の上からも確認出来るような微妙な色気が欲しいですね。

あまりポーズを強調すると気持ち悪くなるのでほどほどの状態でいったん固めます。
左腕には荷物を持たせる予定…

ここまでの3時間ほどの作業でしょうか。
次回は顔を造ります。
髪型はサイドアップなのでかな~り楽、だと良いですね。

今からおたいこ帯をどのようにパーツかするか思案中…
デカールは必須なので業者に量産してもらおうかしら~
かまわぬ・流水のコンバチ。

かまわぬ柄は浴衣が自然だし、原作でも最新巻では足袋を履いていないイラストがありますが、
足首はまだしもさすがに半襟・長襦袢の裾までコンバチ化できないです。
  1. 2013/08/19(月) 23:50:04|
  2. はたらく魔王様!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0