ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

佐々木さん量産しています

 冬ワンフェスに頒布する「佐々木さん(涼宮ハルヒの驚愕)」を量産しています。
 今のところ提出用サンプルを含め24体、あと10ほど抜けばおしまいです。常圧注入の小さい型が3つだけなので楽なのですが…やはり冬場はキャスト硬化が遅い~シリコン型が壊れないよう優しく暖房器具の前で温めているのですが20分以上かかりますね。サイズは1/9ほど、figmaより大きくWAVEの水着シリーズより小さい、昔のボークスAブランドより少し小さいくらいです。最初で最後の頒布になります。

 栖香さんの方はテストショットから2,3体目で一部型に不具合が出ましてもう1回シリコンを流しています。まだ時間的に余裕があるので焦らないでいられますけど。初参加だった5月トレフェス時は2回も造り直したなあ。そういえばイベントで知り合ったディーラーさんにもシリコンゴムの硬化時間を気にしている方が多かったですね。急いでいる時はフィニッシャーズのシリコンシンナーを使えばいいとか
 ただ硬化時間が早い粘り気の強いものより硬化時間の長い(24時間以上)の粘り気の少ないものを何回かに分けて(真空脱泡機を持ってないので)流すほうがゆがみの少ないゴム型がとれるのも間違いないです。特に粘土に埋める原型に高低差があると水平に流したつもりでもゆがんでしまって、量産の際ベニヤ板でおさえられない…というトラブルもありました。
 そんな訳で今のところ信○製の透明シリコン(ボー○スに売っているやつ)が自分には使い勝手がいいみたいです。基本的に頑丈なので量産しているうちにダボが部品にもっていかれる…みたいなトラブルは40以上抜いてもないです。経年劣化を気にする人も多いみたいですが1年以内だと気にする必要はないとか

 ただ早いとこ量産時のストレスから解放されたいです。来年の5月トレフェスには自作の遠心注入機できれいなキットを提供できるようになれれば…中堅ディーラーへの道も開くかなあ
スポンサーサイト
  1. 2011/12/22(木) 13:29:01|
  2. 涼宮ハルヒの驚愕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0