ロデンバッハはメイド服の夢を見るか?~甘いみつの部屋ブログ~

2011年5月5日トレジャーフェスタin有明5で原型師デビュー。まだ出来ることは少ないですがよろしくお願いいたします。

スカルピー造形のあれこれ

スカルピー造形についていくつか質問を頂いたのでお答えします。

原材料費:

自分はグレイスカルピーとスカルピープリモ(ホワイト)を半々ずつ混ぜて使っています。
グレイスカルピー 454gグレイスカルピー 454g
()
スカルピー

商品詳細を見る


樹脂粘土 premo プレモ! シルバー 16oz(454g)樹脂粘土 premo プレモ! シルバー 16oz(454g)
()
スカルピー

商品詳細を見る


スカルピープリモの方が若干高価ですね。

前回の「夜々」(1/8サイズ)では200g弱ほど使いました。
まだ本申請レベルなのであと20gほど使いそうです。

出来あがった原型の重さは156g、30~40gくらいは削った分ですね。

総使用量を200gとすると1体仕上げるのに1000円くらいという計算になります。

勿論水着であまり髪の長くない娘さんならば使用量はおさえられますし、
更に複雑な髪型でロングスカート…という具合なら使用量は多くなります。
「夜々」の場合、袖がかなり重いはずですね。

ファンドやポリパテより高価ですが、エポパテやワックス・クレイ(再利用可能ですが)より安価、
といったところでしょうか。
キット化出来るまである程度、時間と苦労は要求されることを考えるとほとんど気になる金額ではないかと思います。

他に使ったマテリアルは

画像転写用液体ねんど(リキッドスカルピー)2oz画像転写用液体ねんど(リキッドスカルピー)2oz
()
スカルピー

商品詳細を見る


それにΦ1.2mm、1.5mmのアルミ線、Φ0.6mmの銅線くらいです。

リキッドスカルピーは一年くらい持たせているので、1体辺りは100~200円くらいの使用量ですね。


原型を造る総材料費は大体1500円以内に収まっているという計算になります。


髪の造り方:
前髪はある程度顔が出来てから、造り始めます。

額にスカルピーがくっつかないよう軽くシッカロールをまぶしてから、適当に細く伸ばしたスカルピーをくっつけていきます。
頭の上の方で軽くくっつくくらいですね。
全くくっついている個所がないと、造りにくいのです。


額と前髪の間にある程度空間がないと重い印象になるので、焼く前に少し持ち上げてやります。

予め額に油粘土を伸ばしておいてからスカルピーを盛る…という方法もよろしいかと。

顔パーツについたままオーブンに入れます。
細かいパーツは壊れやすいので少し長めに焼きます。
140℃弱のオーブンで20~25分といったところでしょうか。

焼けたらまだ熱いうちに取り出します。
まだ熱い状態だと柔らかくて顔パーツから外しやすいのです。
焼いたばかりのパーツや顔パーツを壊さないよう慎重に作業して下さい。


更にディテールを追加する場合はリキッドスカルピーを塗ってから重ね盛りします。


後髪は後頭部部分だけ先に造ります。

一旦焼いてある程度形が決まったら、ピンバイズを用意します。
銅線を植え付けるための穴をあけるためです。
自分はΦ0.6mmの銅線を使っています。
銅線を芯にしてスカルピーを盛るわけです。

スカルピーが固まったら銅線は不要になるので、引っこ抜くことを前提、瞬着で固定しません。

銅線を差していきます。
髪が舞い上がる様子をイメージしながら曲げていきます。
銅線の長さも整えてやります。
DSC_8834.jpg

スカルピーを盛ります。
まだ“芯”レベルの盛り方で十分です。

焼き固めます。
前髪パーツ同様折れやすいので少し長めに焼きます。

一旦冷やしてから、整形します。
焼いているうちに歪んでしまった個所があったら、修正します。
切った貼ったは毎回のことですが、修正ポイントを早めに見つけることが重要、
モールドを造り始めた頃に気付くと大変です。

髪の毛の造形は奥深いです。
自分もまだ下手なのでうまい人の造形を参考にしながら造っています。


振袖:

先ずスカルピーを大の上で延ばします。
小麦粉を麺棒で延ばすのと同様の作業です。

麺棒では大きすぎるので、100均で買った木製の丸棒を使用しています。
勿論適当な大きさ・硬さの丸棒ならなんでもかまいません。

適当な大きさに切りだします。

袖の両端に銅線を置いてやります。
そのあと、銅線が後々浮き上がらないよう、軽くスカルピーを持っておきます。

銅線を骨組にして袖のはためいている様を造る…というわけです。
銅線は後で抜く予定なのでリキッドスカルピーは使いません。
何回も確認しながら少しずつ曲げてやります。

腕に直につけます。
このときも銅線を芯にして接合します。
少しだけシアノンで固めてからあとはリキッドスカルピーを塗った上にスカルピーを持っていきます。隙間には出来るだけ充填します。

いったん固めてやります。
袖部分はかなり重く、接合箇所にも力がかかりやすいので少し長めに加熱します。

固まったらナイフで整形、袖に出来る皺などはスカルピーを重ね盛りしてスパチュラで作っていきます。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/22(木) 20:27:57|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TF仮申請とおりました。

10月神戸TFに申請していた4アイテム全て、仮申請通りました。

頒布予定のアイテムは

新作

夜々(“機巧少女は傷つかない”より)

再販

人間さんの、じゃくにくきょうしょく(“人類は衰退しました”より)

ささみさん(“ささみさん@がんばらない”より)

ニャル子さん(“這いよれ!ニャル子さん”より)


以上でございます。

新作の夜々ですが、まだ丸一日も作業していな状況なので、19日の本申請締切まで突貫工事?ですね。
おそらく当ディーラー初のアダルト扱いになると思いますが、版権下りるかかなり心配です。
殆ど「見えていない」状態になるのですが。

それと「機巧少女」は原作版とアニメ版では申請先が異なるようです。
自分のキットはどちらになるのでしょうか?
条件のいい方でお願したいのが本音です。
一般作品なのでアダルト指定は避けたいのでスカートの形やぱんつの位置を注意深く決めなくてはならない…

締め切り後は「私」ちゃんのフィニッシングの続きをして、12月向けの新作…全く休めないです。

冬WFはどうしましょ?

12月に新作も新作頒布するのがきつければ2月に延ばしたいのですが。
今月末参加締め切りなのですがまだアイテムは考えていないのです。
大作やりたいけど、夏WFの失敗を踏まえて肩の力を抜いて好きなものを造った方が良いのかも。

  1. 2013/08/06(火) 17:36:25|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WFお疲れ様でした。

 夏WFに参加した皆様お疲れ様でした。
 当ディーラーブースに起こし頂いた皆様ありがとうございます。

 今回の夏WF当ディーラーは売上的にかなり苦戦しました。
 去年の10月、12月それに今年の5月TFとイベントディーラーとしてのコツ?も少しずつつかめて、色々と皮算用もしていたのですが、酷いカウンターをくらってしまった…呆然自失です。

 何より原型造り・量産ともに非常に苦労した「じゃくにくきょうしょく」が苦戦したのが辛かったですね。
 手伝ってくれたスタッフには「456ホールで散々フィギュア観てきたお客さんにとっては情報量過多気味の作品はまともに見てくれなかったのでは?」とか「繊細さで攻めるのはいいけど、組むのに不安を与えてしまうのでは?」とか云われましたが、次回のWFに向け色々課題も多いです。

 五月TFと比べると売り上げは4割ほど、苦労した新作が苦戦したのも辛かったです。
 せめてお隣が空き卓というのはどうにかならないのか~
 今回は左側は遅れてお隣さん来てくれたけど、右は空きのまま、前回、前々回とも片方は空きでした。 
 
 WFより小規模のTFと比べると毎回苦戦していますね…
 
 
 
 …とグダグダ愚痴っぽくなると白けてしまうし、ご購入いただいたお客様にも申し訳ないので閑話休題。

今回の初体験~

◦はじめて外国人のお客様にキットをご購入いただきました(ささみさん@とニャル子さんの2件)
 
 ささみさん@のお客さんは若い男女カップルでした。男性が女性に「どれがいい?」と聞いて女性がささみさん@を選ばれたようです。

 ニャル子さんを購入いただいたお客さんは中年の男性でなかなか趣味のいいTシャツ(胸に「へんな外国人」とでかでかと日本語で書いてあったw)お召でした。
 ニャル子のお尻パーツ(アダルトなレース下着です)をお見せしたら即買い…だったのかなあ~
 なかなか業の深ーい方でした。

 ただ実際GKを組むとなるとスキルといいますか慣れも必要なのでちょっと不安でもあります。
 単純にお土産程度に思っていただいていたら助かるのですが。
 自分は英語はからっきし×なのですが、フランス語はちょっと分かるので欧米系の外国人の方を見るとついフラ語で話してしまいそうになります…
ほとんど寝てたので何を言ったか覚えていませんが。
 “Madame et monsieur”…とか大時代的に話しかけていたら恥ずかしす。

 
  1. 2013/07/30(火) 23:42:30|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塗装中…


新作の塗装しています。
大変申し訳ないのですが、展示品は版権元様に提出するので細部はかなり適当です。
自分はケチなのでテストショットを塗っています。
量産前にある程度整形してたのですが、キャストもぎりぎりしか足りなかったのでまあ良かったというべきでしょうか。

なんというか戻り梅雨?な悪天候が悩ましい…
塗料はリターダー多めにしてもかぶるし、乾きが遅くてマスキング作業がはかどらない…
丸2日あれば本塗装は楽勝と思っていましたが、前日フィニッシュになりそうです。
ささみさん@やクー子さんも本塗装待ちなのですが諦めました。

今回のキットは正直かなり組みにくいと思います。
おんにゃのこ本体は部品数も少なく組み易いのですが、付属パーツがやたらに多いのです。
体長1cm余りの妖精さんたちや花や葉っぱは正直ある程度の経験が必要かもしれません。

もしキットの状態について気になるようですが、購入前にパーツの成型状況の確認をお願いいたします。

組みたて中の画像や塗料のレシピは後日当ブログに掲載しますので、どうかご確認くださいませ。
  1. 2013/07/25(木) 19:58:24|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

型抜き&量産…


29日の夏WFで頒布する新作を量産しています。

「人類な衰退しました」より“人間さんのじゃくにくきょうしょく”です。

 私ちゃんそのものは部品点数は少ないのですが、付属品が非常に多い…
 シリコン型も随分増えて13+1です。
 リキャストするため抜いた2枠と失敗した1枠を足すと17も造っているのですね。
 まあ3面型とかスカート、たいやき型(ゲートから流さないタイプの上下2面型)とか特殊なものもありますし。
 現在はテストショットを組みながら量産をしています。
 週末までには量産作業を終わらせて来週に本塗装の予定です。
 再販キットの展示品のリペイントをしたかったのですがタイムオーバーかと。

 もちろん量産も大変ですが、今回は仕上げ(本申請後の作業)にえらく時間がかかってしまいました…
 前作のささみさん@の3倍くらい大変だったかも。
 付属品の多さも悩みの種でしたが、顔の表情がなかなか決まらなかったのも辛かった…
 一時期は完全に貞本顔になっていましたが、自らの作風?も加味してみました~
 色塗らなくちゃ分からないけど、気に入っています。

 10月12月TFと新作は考えていますが、もちっと楽なものを造りますわ~
 10月神戸は機巧少女の夜々、12月ははたらく魔王様!のベルとキモノ連作で攻めようかと…
 どーでもいいけど僕は仕事以外はほとんど和服(羽織袴ですね)で過ごしています

 冬ワンフェスには大作作れればいいのですが。
  1. 2013/07/17(水) 23:25:26|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ